2016年10月19日

成果を出せる人が、質が高い人ではない

◆かなり前のことですが、地元の尊敬する宮崎社長から

 こんな言葉をお聞きしました。

   『なんでうまいこと行っているのか解らん

    というのは怖いわな


 どうしてうまく行っているのかが解らないということは

 自分が意図としてやった結果ではないということです。

   成果を出せる人が、質が高い人ではない

 自分の力ではない可能性が大いにあります

 もし、悪くなったらどうしてよいのか解らないという

 ことに繋がります。

 偶然というのは、365万回に1回の出来事だそうです。

 もし2回もしは3回成果が出せたらそれは偶然ではない。

 何か原因があるはずです。

 単に成果が出たと喜んでいる程度では質が高い人とは言え

 ません


 その原因を理解し、次の不測の事態が起こったとしても

 自分の意図を持って対処できる人が質が高い人です。

 更なる質の向上を目指して精進したいものですね。

土屋ホーム 土屋公三会長 講演会


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177309489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック