2016年10月18日

経営とは経営システムを作ることで、粗利益を作ることではない

◆業績が思わしくないと経営とは辛いものです。業績が

 上がっても経営は面白みがなくなり不安が湧いてくる

 ようです。

 そうなると、業績が上がりつつあるときだけしか経営

 というのは面白くない
ということになります。

 その原因は、売上や粗利益を目的にしているからです。

     経営とは経営システムを作ることで、粗利益を作ることではない

 経営戦略を深く学んでいくと経営とは経営システムを

 構築することで、その目的は市場を作ること
だと定義

 すれば、経営トップの精神的な壁はなくなることが解

 ります。

 事業継承にしても同じです。現在ある組織、お客を

 守ろうとすれば経営に対する意欲など薄れてきます。

 先代の作った経営システムの上に、自らが考えた経営

 システムを構築
するのであれば、辛いことはありません。

 結果的にも、その方が業績も会社もよくなります。

土屋ホーム 土屋公三会長 講演会


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177296526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック