2016年10月11日

電通新入社員の悲しい出来事

◆元電通社員の高橋まつりさん(当時24歳)が自殺、三田労働

 基準監督署はこれを過労死と認定しました。

 このニュースは皆さんもどこかで聞かれたことだと思います。

 その勤務状況がひどい。朝の6時に退社して、その日の6時に

 出社?タイムカードを押しただけ。

 こんな働かせ方になるのも、なんのために仕事をしているの

 か
が解らずに仕事をしている上司が多いからではないかと思

 います。

 目的と手段の取り違えではないでしょうか?

  電通新入社員の悲しい出来事

 仕事をするのは、自分が成長しそれによって評価され自信を

 付けて価値ある人生を歩むため
だと私は考えます。

 業績を上げることを目的にしたら、仕事など命がけでするほど

 のものではありません。

 さらにもう一つ大きな間違えをしている節があります。業績を

 上げるのは社員の役目などと考えているようです。

 業績が上がらないような経営システムを作っておいて、その

 責任社員に押し付ける


 これが本当のブラック企業です。

 戦略が分からない経営者はブラック社長になってしまいます。

 ブラック企業にならないためには、社長の役割と社員の役割を

 しっかり区別し、個人の目的、家庭の目的、会社の目的を一致

 させる必要がります。

土屋ホーム 土屋公三会長 講演会



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177208699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック