2016年08月25日

社員に他になにも出来ないほど仕事をさせるな

◆給与を支払って、会社に来てもらったいる以上は、寸分

 たりとも会社に貢献してもらおうとして、仕事を詰め込

 んでしまうようなことは良くあります。

 就業時間内に何もすることがなかったら、損をしている

 ような気になるのは私だけでしょうか?

 社員が「ぼ〜」としていたら、小言の一つも言いたくなる

 のです。

   社員に他になにも出来ないほど仕事をさせるな

 ドラッカー先生のイノベーションと企業家精神を勉強して

 いて、社員に他に何も出来ないほど仕事を詰め込むことは

 行けないことだと悟りました。

 仕事を詰め込むとは、目先の仕事で粗利を稼ぐ仕事をする

 ことです。

 こういう状態を続けていると将来のことに使う時間が

 無くなってしまいます


 さらに悪いことに社内のコミュニケーションも希薄になり

 強いては、お客さんとのコミニケーションが悪くなり

 クレームに繋がることまで起こってきます。

 将来投資の時間として、3〜5%は余裕をもって目先の仕事を

 終わらせるようにすると将来も徐々によくなる方向に変わって

 きます。


土屋ホーム 土屋公三会長 講演会



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176606216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック