2015年09月10日

7人の侍から学ぶ普通の人を戦力にする法 [Vol 207]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  7人の侍から学ぶ普通の人を戦力にする法 [Vol 207]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/09/10━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.7人の侍から学ぶ普通の人を戦力にする法

  2.出来ると思えるまで、励まし続ける

  3.空の心で相手に接し切る              

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.7人の侍から学ぶ普通の人を戦力にする法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 黒沢明監督の7人の侍という映画をご存知でしょうか?

 ある村が盗賊にやられてどうにもならなくなっていました。その村の

 長老がこの危機を回避するために雇ったのが7人の侍です。

 7人の侍たちは、盗賊から村を守るために農民に武器を持たせて訓練

 をします。

 カマやクワしか持ったことのない農民です。農具を竹槍に持ち替えて

 人を殺めるなんてできません。

 ところがこの農民が戦力になり、盗賊を全滅させてしまうのです

 7人の侍は、戦略のイメージを掴むのにもとても良い教材ですので

 まだ観られたことのない方は勿論のこと以前観られた方はもう一度

 ご覧くださいきっといいヒントが見つかります。

 戦略を簡単に説明しますと、村の要所要所を固めます。盗賊が入り

 安いところを一か所作って置き、一人一人誘い込みます。

 勿論、誘い込んだ時点で圧倒的に数的有利に立ちます。

 そして集団で退治していきます。

 この話の凄いのは、この作戦を励行する前に情報を徹底的に調べる

 ところです。

 相手が何人いて、どこに隠れているかも調べ上げているのです。

 命がけですから当然ですが、経営も命がけでやれば業績は上がり

 必ず良い会社になるはずです。

-★★------------------------------------------------------★★---

   9月15日開催、まだ間に合います

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.出来ると思えるまで、励まし続ける
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 戦略は、今回のテーマではありませんのでこのぐらいにして、

 侍でもない普通の農民は、最初やったことがないとか言い訳をし

 ながら訓練を拒んだりします。

 しかし自分の家族が人質になっていることを自分の目で見た一人が

 本気になってきます。

 そして先ほどの作戦で、自分たちが出来ないと思っていたことを

 達成
します。

 これで自信が付いた農民は、盗賊を全滅させるのです。

 現代において、こういうことはありませんが、何か一つでよいので

 自信を付けさせることでチームは見違えるように変わります

 そのためには、自分たちがとても出来ないと思っていたことで、

 しかも自分たちにとって価値あることを達成させて上げることです。

 ここで難しいのは、自らがそれを達成したいと思うかどうかです。

 そう思うまで、どれほどの期間が必要かは解りません。組織の状態

 によって大いに違ってきます。

 もしかしたら、そう思うことはないかもしれません。でも本人が

 思えるようにあの手この手と対策を打ち続ける
必要があります。

 これには忍耐が必要になります。

 
-★★------------------------------------------------------★★---


    無料見学は、10月9日(金)です。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  <<日程はここから>>

  戦略社長塾


---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.空の心で相手に接し切る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 以前勤めていた会社でのことです。私は既に2社目の就職でしたが

 新卒という形で入社しました。

 途中入社でなかったことが、返って誤解を生んだのかもしれませんが

 一度社会人として働いた経験から、上司と話すことに余り抵抗があり

 ませんでした。それが態度がふてぶてしいと捉えられたのかもしれま

 せん。先輩方から今でいうイジメにあっていました

 私はイジメとは感じませんでしたが(笑)

 なんだかこちらのことを嫌っているなぁ〜という感じです。

 実は1社目の会社を辞めたのは、先輩との人間関係がきっかけでした。

 前の会社では自分から相手を嫌っていてそれが徐々に膨らんできて

 遂には、耐え切れず退職に至ったのです。

 私としては、同じ原因で辞める訳には行きません。

 そこで、一つ心に誓ったことがあります。

 「相手はどう思っていようと、自分からは嫌うという気持ちを

  持たないでおこう。常に普通に接しよう


 そう思ったのです。

 どれくらいの期間が掛かったでしょうか?初めての社員旅行の時です。

 どういう具合か、前日にその先輩たちと飲むことなりました。

 そしてその夜はサウナ泊まりです。

 そのまま会社へ行って、社員旅行に臨んだとですが私も少しテンシ

 ョンが上がっていたんでしょうか?

 バスの中で、はしゃいでしまいました。そのことがその先輩が

 思っていた私のイメージを一新したようです。

 その日を境に、妙に親密になってしまったのです。

 その時、人って変わるんだなぁ〜。

 それ以来、『こちらがあれこれと悪く思うのではなく、こちらが

 空(くう)の気持ちで接し続ければ相手に通じる


 そう思うようにしています。

 最後の最後まで、相手に空の心で接し切る訳です。

 先ほどの自分がやりたいと思ようになるのも同じような気持ちで

 いられることが成功のポイントになります。


-★★------------------------------------------------------★★---

 内勤者を第2営業部に育て、同業者に差をつけ

  お客の評判で地元ナンバーワンになる法 DVD−CD教材

   <<詳しくはここから>>

---★★------------------------------------------------------★★-

メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は9月24日予定です。 ◆


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163002601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック