2015年08月27日

独自性(差別化)は、くり返し学習から始まる

◆天才的な才能を持っている人は別として一凡人は、人の真似

 をしてしまいます。

 それも何も考えずに、少し目立つ人の真似をすればある程度

 満足
してしまいます。

 とは言え、本当に他人から認められて、存在感を出すには、

 真似した人とは別の何かを見出さなければなりません

   独自性(差別化)は、くり返し学習から始まる

 多くの凡人がそれをできないのは、得られた知識を一般的に

 捕らえる
からです。

 1度聞いただけで、

   「○○ってこういうことでしょ。解ってます」

 こう考えてしまうことです。疑いを持つことが自分が出来ない

 人間と思われてしまうのではないかという心理からこうなるの

 でしょうか?

   『ランチェスターって、戦いの法則でしょ。』

 そこで終わったら、独自性はありません。

 これを見た田岡信夫先生と斧田太公望先生は、これを経営に応用

 したらどうなるか。と思いついたのです。

 では、経営に応用するには、どうすればよいのか。

 これを研究した結果、市場占有率の3大数値が生まれました。

 物事を一般的に捕らえたままにしておかないにはどうすればよい

 でしょうか?

 それは同じ事をくり返し、深く学ぶということです

 お二人は、ランチェスターの法則の2つの公式をくり返しくり

 返し眺めたに違いありません。

 そうするとある日ピカッと独自性が生まれます

 『守破離』とはこういう事なのでしょうか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162255958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック