2015年04月01日

体験談を話すには、○○から始めよ

◆体験談を話すというと人にいうほどの体験をしてい

 ないという思う方もみえると思います。

 体験談を話す習慣が付くまでは確かにそういう壁が

 あります。

 よい習慣を身に付けるには、ルールに従ってくり返

 し訓練をする
ことです。

 聴衆がどのように感じるかは、この際横に置いて

 次の手順で話してみてください。

    体験談を話すには、○○から始めよ

  1.最近の体験で覚えていることを思い
    浮かべてください


  2.それは何日前のことですか?

  3.それは午前中、午後?何時ごろですか?

  4.そのとき誰が居ましたか?

  5.自分はどこにいましたか?

 まだ続きはありますが、このようにそのときの場面を

 詳細に描いてみてください


 例えばこんな風です。

  昨日珍しく夕方に、今日やるべきことが

   終わりました。私は、2階の仕事部屋から

   降りてきて、1階のパソコンの前に居ました。

    ちょうどそこへ、長男が仕事から帰って

   きました。昨日長男に、

     「うちのルーターを替えてくへんか?」

   と頼んだところ、即答で

     「いやや」

   と言ったことが私の脳裏をかすめました。

   でも、これをしてくれると私は次のことがで

   きるのでもう一度駄目もとで、

     「これ、ルーター」と言って

   今日付いたばかりのルーターの箱を指差し

   ました。そうしたら何も言わずに部屋のドアを

   明けて出て行ってしまいました。

   そこで私は、・・・・


 如何でしょか?場面は浮かびましたか?次の展開は

 聞きたくなりませんか?

 体験談を話すには、コツがあります。そしてこれを習慣

 にすること
です。

  どうやって身に付けるのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。

        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116014231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック