2015年03月21日

出来ていないことが多いほど潜在能力が高い

◆人の能力のうち使っているのは、10%程度だと

 言われています。

 緊急の場合に備えて、100%発揮できないように

 なっているそうです。

 火事場の馬鹿力は、この能力が発揮されるのだそう

 です。これを信じるのならば、まだ自分の中には発揮

 していない能力がある
ということです。

 この能力を潜在能力といいます。

    出来ていないことが多いほど潜在能力が高い

 もし自分の潜在能力を信じるのであれば、

 「未だ出来ていないすべてのこと」は、

      能力が発揮されていないだけで

         「自分には、出来ない」ことは

  違うということになります。

 出来ていないことが多いということは、それだけ潜在能力

 を発揮できる場面が多い
ことになります。

 まずは自分の能力を信じることです。こういうのを自信と

 いいます。

 自信を持つには、今まで出来ていないことで最も簡単な

 ことをやってみる
ことです。

 これは人と比較する必要はありません。

 私は机の上が片付かないという50年もの間できないと

 思っていたことが、この歳になってできるようになりました。

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115462690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック