2024年07月14日

事業の初めに問うのは、何を売るかではない

◆チェンジリーダーの条件は、280頁ほどあります。

 読み合わせだけでも、月1回の読み合わせ会では

 2年掛かります。意味をかみしめて読めば4年はかかると

 思われます。2年で途中で終わるにしても、しっかりと

 理解していただきたいと願い設問を考えました。

 次回のテーマは、われわれの事業は何かです。ここは特に

 重要なので、22の問いを思いつきました。

 問いの意図は、この章を腑に落としていただくためです。

   チェンジリーダーの条件

 多くの場合、私もそうですが事業を始めるときに何を提供

 しようかと考えます。
何を事業にしようかと考えてしまいます。

 その意味は、何を売って商売をしようかという類のものです。

 この章のテーマは、われわれの事業は何か。ですがその

 答えは、われわれの事業は、工事業である。とか販売業であるという

 ものではありません。もちろん○○を販売しているなどでも

 同じことです。顧客にとって、どのような価値を提供しようと

 しているのか
を表してはいません。

 どのような価値を提供するかが決まっていれば、何に対して努力し

 何を基準に意思決定するのかが明確になります。

 すなわち、現場の近いレベルで意思決定ができることになります。

 自らが意思決定できるということは、自らが責任を引き受け

 働く意味を見出すことになります。

 われわれの事業は何かを検討していないことが、景気の波に

 乗らざるを得ない企業となってしまうのです。

 景気の波に乗ろうとすると、自らの力ではなく他者の力に

 依存する組織ができてしまう
結果となります。

 これが挫折、失敗の最大の原因です。

 少々言葉は難しいですが、この章を理解できれば景気の波など

 怖くなくなります。

 次回、読み合わせ会は

   日時 7月29日(月)18時半〜

   場所 三重県中小企業家同友会 4F 会議室

 オブザーバ参加可能です。ものは試し一度覗いてみてください

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | UNFIL

2024年07月11日

1位作りと利益、そしてトップダウンとは

◆昨日、戦略と戦術を学びました。この違いがはっきり

 解かり、自らの役割が明確にするのがこの章の目的です。

 研修を横目で見ていて、これって本当に理解できるの

 だろうかと思う点が2つほどありました。

 案の定、アンケートに質問として挙げられていました。

 一つ目は1位作りと利益です。利益を目的にして一見儲かり

 そうなものに手を出すのではなく、1位作りに焦点を
合わせよ

 というのがランチェスター経営の言わんとすることです。

 市場占有率1位になったら、利益が業界平均を上回るので

 しょうか?私はそうはならないと理解しています。

  1位作りと利益、そしてトップダウンとは

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 教材で言っているのは、正しくは県単位か自分の営業範囲の

 広い方で1位になると利益性
がよくなると言っています。

 狭い範囲で、1位を獲るだけでは利益への影響は認めて

 いません。もちろん、狭い範囲で1位を獲るだけで利益性が

 良くなることもあります。私の経験だとおおむね1位にならず

 とも利益性はあがります。

 利益の保証がないとするならば1位作りは意味のないものなの

 でしょうか?

 それはそうではありません。1位を作る前に強いものを作る

 必要が出てくる
からです。1位というのは、物的証拠です。

 強いものを作ると言っても、自分勝手なものでは1位になれません。

 独善的商品では、市場に受け入れられないのです。

 野球のピッチャーでいえば、決め球もないのに一流にはなれない

 ということです。

 企業間競争における強みとは他者より有利に顧客から買ってもらう

 こと
ができて強みとなります。

 そしてこの強みは、非顧客、新しい顧客に対して有効に働きます。

 こうして強いものづくり、1位作りを根っこにおいて市場を創って

 いくとおのずと利益はあがっていきます。

 営業現場においても、特に営業技術が高くなくても強いものがあれば

 販売は容易に行えます。

 集中して強いものを作ればいいのか?本当にそうなのかと意思決定

 できない人は、先を見ていないこと
になります。

 それを意思決定するのは、誰なのでしょうか?トップマネジメントの

 仕事です。組織に影響する意思決定は、トップマネジメントしかできない

 仕事です。

 方や営業がこの商品を販売するかどうかの意思決定は誰ができるので

 しょうか?営業マンが意思決定できます。これは現実です。しかし営業マンも、

 あるルールに従って意思決定します。

 このあるルールというのが、問題なのです。

 多くの場合、損しなければ売ってもよいというものです。

 言い換えれば、利益率が何%であれ販売してもよいというものです。

 場合よっては、その利益率以下でも販売してもよいというものです。

 さて意思決定という角度からすると、どのような見方ができるでしょうか

 トップマネジメントの意思決定は、損さえしなえれば何を売ってもよい

 という意思決定
です。これがこのトップマネジメントの戦略なのです。

 トップは戦略を立てたと考えていないかもしれません。しかし実際の戦略は

 何を売ってもよいことが戦略です。総合戦です。

 しかしこの意思決定で、業績が変わることも間違いのない事実です。

 われわれの組織が強みとするのは、〇〇という商品だ。

 利益があっても、この商品は販売しないと決められるのは、トップ

 マネジメントだけなのです。

 部下への指示のうち有効なものは、○○はやってはいけないという

 ことです。否認したこと以外は、やっても咎めることはできません。

 結果を見てから、判断して部下を責めるのは自らのマネジメント

 能力がないと言っているようなものです。

 整理しますと、組織全体にかかわることはトップダウン。

 現場にかかわることは、ボトムアップ。


 ボトムアップの情報を得て、組織全体にかかわることとトップが

 判断したら、トップダウンで意思決定をするのが正しいルールだと

 思います。

 中小企業の場合、現場の教育が進んでいないことから、社長が意思決定

 せざるを得ない現実がありますが、それはその組織の事情であり、原則

 は、上記の通りです。混同しないようにしてください。


  <<ライブde解説は7月14日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年07月01日

人間の悩みは、自らを方向づけると解決する

◆今回は経営とは少し離れて人の悩みについて書きます。

 現代人その程度の差はあれ悩み事があると思います。

 その根源は何かのか?メンタル脳という書籍によると

 人間の脳は生きるために活動するそうです。

 その昔、人間が生きるためには、危険が多すぎて危険予知

 ができることが生きるための必須条件だったようです。

 災害に見舞われたり、戦争に巻き込まれたとしてください。

 戦場で生き抜くためには、敵味方関係なく自分が被害にあわない

 ことが最優先課題です。

 しかしわれわれが普通に生活している分には、この危険予知

 能力は使わなくても
ほぼ大丈夫なはずです。

    人間の悩みは、自らを方向づけると解決する

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 ところが脳はそうなっていないそうです。どういうことか

 というと何か危険があるはずだと思い込んでいるようなのです。

 通常の生活で何不自由のないことは、何か危険があるのでは

 ないかと考えてしまうのだそうです。

 つまり命の危険がなくても、危険だと見なさなければ気が

 済まないのが脳の働きだそうです。

 私は半年ぐらい前から、耳鳴りが常態化しています。

 耳鳴りは、健康な人でも体験しています。静かになった様子を

 皆さんは、どのように表現しますか?

 シーンとなったと言いませんか。実際に、そのような体験をした

 方も見えるかと思います。本当に静かなところへいくと音がない

 はずなのに耳にシーンという音が聞こえます。

 これは、耳が音がないかと活動するために起こる音だそうです。

 NHKのチコちゃんに叱られるでやっていました。

 私の場合、老化現象である周波数が聞こえなくなってきました。

 脳が聞こえていないと思い込み、聞こえている他の音も聞こうと

 活動ために起こっているようです。脳が勝手にありもしないことで

 反応してしまっている
らしいのです。

 常に悩みを抱えている人って近くにいませんか?一般的に

 いうマイナス思考の人です。人間は誰しもこういった面はある

 ようです。

 では、どうすればそのような悩みをなくすことができるでしょうか?

 その答えは、『悩まないこと』です。禅問答のようですが。

 私の耳と同じです。聞こえないんじゃないかと考えず、鳴っても

 いない音ですので、聞かなければよいわけです。

 脳が錯覚していますので、これを変えるのは少し大変です。

 最近の耳鳴りの治療にホワイトノイズというのがあるそうです。

 これは、ホワイトノイズという音楽を聴き続けることで、脳に

 聞こえているよと認識させる方法のようです。

 脳が錯覚してしまっているのを、正常にするのだそうです。

 ※ユーチューブの聞きかじりなので、本当のところは確かめてください。

 では、人の悩みはどうすればよいのでしょうか?耳鳴り

 が常態化している私でもシーンという音が消えるときが

 あります。それは何かに集中しているときです。

 この原理を悩みに応用すると、自らが目的とすべきものに集中

 する
ということになります。

 脳は命に関わると錯覚しているのですから、目的も命を懸ける

 ほどのものでなければなりませんが。

 タイトルにあるように『自らを方向づけること』になります。

 これも聞いた話ですが、戦時下とか飢餓のように命の危険が

 あるところでは、鬱は少ないそうです。生きることが最優先課題

 だからではないでしょうか?

 悩んでいる余裕がないのかもしれません。

 身体的な危険が少なくなった現代の方が悩みは多いのかも

 しれません。これを解決するには、自らの存在を証明することに

 自らを方向付けする
ことです。そして二つのことに向かって

 進んでいってください。

   1.自分の能力を発揮できること

   2.それが他の人のためになっていること

 達成できたと思えたら、さらに影響の範囲を広げて自己の存在

 を確認できるように目標をあげていくことをお勧めします。

 この上がない上を目指す無上意を目指してください。

 これでもう終わりだ!よくやったと思った瞬間に悩みが襲って

 きます。新たな目標を設定することが悩みをなくす方法だと

 私は思います。無上意の本来の意味はここにあると思います。

 皆さんはどのように考えらますか?

  <<ライブde解説は7月7日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言