2024年04月23日

ポスト資本主義社会の中心的存在になる法

◆資本が社会の代表的な権威だった資本主義社会から

 社会は脱皮していきます。ポスト資本主義社会のポスト

 とは、次に資本主義社会にくる次の社会です。

 どのようや社会かというと知識社会であるとともに組織社会

 です。その双方の中で生活し、仕事をしていくことになります。

 前回のUNFILでは、こんなことを学びました。

 こういった小難しいことを、いろいろと思考を巡らせてもらいました。

 特に知識に対するが考えが、われわれが考える知識と大きく違います。

     プロフェショナルの条件

 違いだけならいいのですが、これからの社会は『知識社会』ですから

 あいまいにするわけにはいきません。

 知識と情報は違います。昔だったら、朝礼で社長が聞いたこともないこと

 を話すだけで、流石に社長はよく知っている。なんていうことになりましたが

 今だったら、その言葉をググって『なんだ、こんなことか』とその瞬間に

 社長より、若い従業員の方が詳しく知っていることに
なります。

 知識社会における知識とは、このこととは大きく異なります。

 書籍には、知識は人間が、教え、学ぶものとあります。

 私は得られた情報から、新しい知識を生み出すことだと思っています。

 知識が知識であるためには、成果に繋がることが必要です。

 成果に繋げるには、チームが必要です。チームつまり組織です。

 こんなことを学ぶのは、次の時代も中心的存在でいるためにです。

 次回は5月27日(月)18時半 三重同友会4F会議室にて

 テーマ『何によって憶えられたいか(227頁)』からです。

 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | UNFIL