2022年11月24日

今ある業績は、過去の経営の結果。だからこそ

◆今取引のあるお客さんは何社、何人見えるでしょうか?

 その人、会社が顧客となったのは、今までの経営活動の成果です。

 商品やサービスも同じく過去に何らかの理由で、手掛け始めたもの

 に過ぎません。

 当時のお客さんは、これらを喜んで受け入れてくれたに違いあり

 ません。そうでなければ今まで続けてお付き合いがあるわけは

 ありません。しかしそのお客さんは、同じ商品やサービスを今後も

 購入し続けてくれるでしょうか?

 そう思いたいのは山々ですが、経営環境ではそれを許してもらえ

 ません。今まで強みだと思っていたことも、強みでなくなっている

 る可能性があります。

 過去に成功をした人に限って、この呪縛に陥ります。

    今ある業績は、過去の経営の結果。だからこそ

  ★動画deプログ解説はここから★


 私はIT業界にいましたが、IT業界はドッグイヤーといって、

 技術の進歩が激しく、次々と新しいものが出てきます。

 私の時代は、オフコンと呼ばれたものからパソコンに置き換えられる

 時代でした。オフコンでそこそこのお客さんがいたところほど、パソ

 コンの技術に乗り換えていくのに遅れ
ていきました。

 だって、今まで通りやっていれば、そこそこの取引はあるわけですから。

 ドラッカー先生の言葉を借りれば、手数料程度は入ってきます。

 しかし現在の生活の糧だけ稼いでいれば、大丈夫という定年退職を待つ

 働かない中年でいられるほどお客さんは優しくありません


 事業主がこれで十分などと思った時点で、企業は衰退します。

 企業家精神とはそういうものだと思います。

 今日のドラッカー先生の言葉は、『未来への決断』より

   『事業の定義が有効であるには、四つの条件を満たす

    必要がある。経営環境、使命、強みについての前提が

    現実と一致しなければならない。それらの前提が

    たがいに合致しなければならない。周知徹底されな

    ければならない。

    そして、たえず検証されなければならない。


 企業家精神には、変わることだけが、不変であることを受け入れ、より上を

 目指す無上意の心が必要だと私は思います。

 今ある業績は、過去の変化を機会にしてきた結果。だからこそ昔とった杵柄に

 頼らず、未来への変化を機会として捉えるべきだと私は考えます。

 皆さんはどのように考えられますか?


  <<ライブde解説は11月27日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(59期生)募集中★

        2023年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界