2022年07月01日

組織の前に戦略あり、組織作りにも戦略がいる

◆よい組織に良い人材が宿ると前回お伝えしました。

 単に人を集めるのなら、お金で釣ればよいと思います。

 それで組織と言えるのでしょうか?私は大いに疑問を感じます。

 かなり前ですが、この見解の違いで大喧嘩したことがあります。

 増員をどうすればよいかを飲み会の席で尋ねられたことが

 あります。仕事柄、飲み会の席なんかでいい加減な話ができない

 という気持ちもあり、適当に答えていたらその態度が行けなか

 ったのですが、お酒のせいもありしつこく言い寄ってきました。

 私は、では本音をはっきりと言いますとして次のように言いました。

    組織の前に戦略あり、組織作りにも戦略がいる

  ★動画deプログ解説はここから★


 今のやり方ではだめです。単に知り合いに声をかけて人数だけ

 合わせても、すぐに辞めていきますよ。

 その人にとっては、自分が責任者である間増員が出来れば

 良いわけですので、何か手っ取り早い方法を教えてほしかった

 のだと思います。本音を言ったのが返っていけなかった。

 私も熱くなってしまい、さらに相手をしつこくしてしまいました。

 私は会に集まりというのは、入会し活動をしていく中で、その人に

 とって良い状態に変わることだと思います。

 それには、その会がしっかりとした活動、意味のある活動を

 していることが第一
です。それがないと自信をもって

 勧誘することができません。

 さらに、勧誘するにあたりその人にとって絶対に良いという

 信念をもって勧める
べきです。

 そして自らの意思で、入会するべきだと思います。

 とどめは、『会費を免除して入会させて数合わせをすれば

 良いのではないですか?』という私の捨てゼリフです。

 これが逆鱗に触れたようで、私も感情的になりえらいこと

 になりました。(笑)

 今となっては、いい思い出で、こうしてブログに書けるよう

 なったのですから、とても勉強になっています。

 なんのための会なのか?社会にどのような影響を与えるのかを

 共有して初めて戦略が
立ちます。目的が会員増強になってしまった

 のでは、知人を巻き込むだけです。

 中には、仕事の関係で断り切れず入会する人もいるかもしれません。

 そして会費さえ払っていれば何もフォローしないなんてありえません。

 たとえ、会費を免除して、入会しても会に魅力がなければ、そして

 魅力が伝わる仕組みがなければ、会員が成長する仕組みがなければ

 何のための会なのか?社会資本の無駄遣いだと私は思います。

 会を運営してくのは大変だと思いますが、長く続き価値ある会にしたいの

 であれば、目的、目標、戦略、仕組、教育・訓練の手順で考えていく

 べきだと私は思います。

 これは何も非営利組織だけのことではなく、企業でも同じことが

 言えます。

 将来背負っていく人たちのために、理想の組織を一つでも二つでも残して

 いけれることを願っています。

 <<ライブde解説は7月3日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(58期生)募集中★

        2022年10月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略