2021年11月13日

中小企業だからこそ、仕事を人に依存させるな

◆これからの労働市場は、ますます中小企業にとって

 厳しいものになると思います。

 建築業界で、仕事はあれどもそれをこなす人がない

 人手不足倒産のような事態が起こりえると思います。

 労働市場からみて魅力のある仕事であれば、良いのですが

 やりたがらない、3Kだと思われている仕事の場合この

 傾向が大きくなります。

 中小企業にとっては、死活問題いや存続の問題になります。

 以前からお伝えしていますが、組織はお金と人がいなく

 なると存在することができなくなる
からです。

    中小企業だからこそ、仕事を人に依存させるな

  ★動画deプログ解説はここから★


 人が入る入らないの前に、中小企業で問題になるのが

 仕事が人に依存してしまっていること
です。

 その人でないとできないと思い込んでいることです。

 元々人が少ないため、あれもこれも兼任しています。それなに

 その仕事を引き継ぐとか、代替する人など贅沢だと。

 しかし簡単に片づけてしまっていて良いのでしょうか?

 これは今のことしか考えていない証拠です。つまり将来は

 どうあれ今が大切
。そのような考えで、事業が続くわけが

 ありません。自らがそうしているわけですから。

 では、どのように人に依存している仕事を、だれでもできる

 ようにすれば良いでしょうか?

 その方法がドラッカー先生のマネジメントに著されています。

 その手順とは、1・分析 2・総合 3・管理 4・道具

 の4つです。その仕事はどのような要素で成り立っているのか

 をまず分析します。それを効果性が高くなるように総合します。

 そしてその状況を保てるように管理するのです。

 これらを能率的にするために、道具を用意します。

 この考えの根底には、FWテーラーの科学的管理法があります。

 その人にしかできない仕事などないというものです。

 ただし、知識労働の場合は、若干これに修正を加えなければ

 なりません。それは目的を明らかにすることです。肉体労働では

 目的は明らかです。しかし知識労働は、目的はさまざまです。

 目的を明らかにすると、その時点で不要なこともありますし、

 手段として正しくないものも
あります。

 こうして知識労働の生産性が上がれば、職場環境がぐんと

 改善されます。なぜならば、利益性が高まり、労働時間が短縮

 されるからです。

 人に依存した場合、その人だけが忙しく力を発揮しなければ

 ならない
という3Kの職場特有の事情が出てきます。

 3Kと思われてしまっている仕事で、よい人を採用しよう

 とするならば、魅力ある仕事以上に魅力ある職場が必要である

 と私は思いますが、皆さんの業界は如何でしょうか?

<<ライブde解説は11月14日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略