2020年11月21日

実現する願望、実現しない願望

◆明るくて積極的に見える人で、大した成果も出せない人と出せる人

 がいます。成果を出すことがその人のすべてを決める訳ではありま

 せんが、思いを実現していく人に私はなりたいと思います。

 成果が出せないことが続くと至極落ち込むからです。

 それ理由かもしれませんが、悩んでいるときに酒を飲むのが苦手です。

 飲んだところで、何も解決しないからです。

 『〜したい』という願望は大切ですが、願望のままでいるとそれが夢

 となってしまいます。
宝くじが当たる夢と化します。

    実現する願望、実現しない願望

  ★動画deプログ解説はここから★


 『〜したい』の中には、自分ではできないけど出来たらいいなぁという

 要因があります。

 ところが『〜する』となると少々変わってきます。

 『〜する』の中には、自分ではできないという気持ちは入っていません。

 自分で達成するという結果に責任を負うとします。

 『〜したい』の中には、自分の努力で何とかしようという気持ちがまだ

 湧いていません。

 ですから『〜したい』では、先に進む工程を考えようとしません。

 逆に『〜する』は、責任を負いますから達成までの工程を考えようと

 します。『〜したい』は、他力本願であり、『〜する』は自力本願なのです。

 色々なことを思い描いても、『〜したい』のままにしておくと、思うだけ

 で満足する
ようになってしまいます。そして自己肯定しようと色々な

 言い訳を考えるのです。

 『〜したい』から『〜する』に変えるには、『〜したい』ことの中から

 自分ができることを見つけることです。これを見つけ出せると自分の

 能力を集中させることができます。

 集中すれば、成果に繋がります。その目標を達成したら次のできること

 を見つけます。これを続けていくと『〜したい』ことが徐々に『〜する』

 に変わっていきます。そしてこの時間が短くなり、『〜したい』が『〜する』

 になる習慣が身に付きます


 言葉は、言霊といいます。『〜したい』と思ったら

 『〜する』と言い換えるようにすれば、願望が実現する

 方向に行くはずです。

<<ライブで解説は11月22日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション