2020年07月26日

戦略名人CD版【実行の手順とウェイト付】その5

◆ようやく3章実行の手順とウェイト付が終わりました。

 このペースだと年内にこの教材は終われそうもありません。

 それも1度解説しただけですので、自分の中に叩き込む

 までには、何度も復習
していただきたいと思います。

 今回は、実行のウェイト付と経営全体のウェイト付でした。

 ご紹介した竹田ビジネスモデルは、本当によくできています。

 意味を理解しないと単なる表です。猫の小判です。

 深く考えて使うと、社長がやるべきことがはっきりと

 見えてきます。

  <<次回8月2日11時〜予告>>
        『第4章 ランチェスターの法則』をお送りします。

        ★ライブ動画はここから★
  

       <<<詳しくはここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年07月25日

生産性の意味を考える

◆生産性というのは、投入に対してどれだけ成果を

 得られたかの割合です。

 ここで私が引っ掛かったのは、成果とは何かです。

 企業の場合、直ぐにこれを利益と決めつける人が

 いますが、これは大きな誤解です。

 利益は、事業を存続させるための必要条件です。

 生産性の意味を知るには、経営者に贈る5つの質問の

 4番目『われわれの成果は何か』を定義しておく必要

 があります。

    生産性の意味を考える

   ★動画deブログ解説はここから★



 われわれの組織の活動が成果とするものは何か?

 われわれの活動の結果、顧客がどのように変わることを

 成果とするのか、量的、質的に定義
します。

 これはとても難しいことですが、これを考え続けないと

 存在意義は無くなります。

 生産性の意味を考えるに当たり、FWテーラーの考え方

 を知っておく必要があります。FWテーラーは、どんな

 仕事も神秘的でその人しか出来ないようなものはない


 しました。分解して、まとめれば単なる作業になると

 いうことです。

 この考えは知識労働の置き換えることが出来ます

 営業という仕事は、非常に神秘的に捉えられています。

 カリスマ営業などというものは存在しません。もし

 組織の中に存在させてしまったら、その営業がいなく

 なったら会社の存在意義は無くなることになります。

 営業の仕事すらも、分解して段階を踏んでいけば

 ゴールに
近づかせることができます。

 こう考えないと、知識労働の生産性は上がらないことに

 なります。知識社会に突入した現在では、ここの生産性

 を高めかねれば、社会全体の生産性も上がりません。

 とくに知識労働、サービス労働の生産性が現代の大きな

 問題です。サービス労働は、これに加えて社会的地位を

 上げることが必要です。

 知識労働、サービス労働では、仕事内容によって3つに

 分けることが出来る
そうです。

 そして、ここまでの3つ

   1.必要のない仕事をやめる

   2.仕事に集中する

   3.生産性の意味を考える

 を、明らかにするだけで、生産性はかなり上がると

 ドラッカー先生は言っています。

 詳しくは、ユーチューブライブでお伝えします。

 7月26日AM11時スタートです。

   <<チャンネルはここから>>

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年07月19日

戦略名人CD版【実行の手順とウェイト付】その4

◆本日は、部隊を編成するからでした。工場労働における

 組織の形と知識労働の組織形態は、大きく違います。

 以前からこれはお伝えしているように、知識社会では

 サッカー型やテニスダブルス型が有効になってきます。

 組織自体も変える必要がありますし、何と言っても

 頭の中を入れ替えなければなりません。

 今回のライブでは、以下をお伝えしました。

  ・教育と訓練の方法を決める

  ・軍資金を集める方法と配分を決める

  ・武器・食料の補給方法を決める

  ・作戦計画書を作る


 番組の最後には、視聴者方のゲスト出演があります。

  <<次回7月26日11時〜予告>>
   『第3章 実行手順とウェイト付』その5をお送りします。

        ★ライブ動画はここから★
  

       <<<詳しくはここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年07月18日

仕事に集中する

◆生産性を向上させるには、誰でも知っていることですが、

 仕事に集中することです。

 しかしこれとは真逆のことをいているのが、現代です。

 皆さんは、人手不足の時に対処はどうされますか?

 人がいなんだから、全員で分け合ってカバーしませんか?

 仕事側から見れば、確かに片付くように思えます。しかし

 人側から見れば、あれもこれもする兼業になります。

 こうすると仕事は出来たかもしれませんが、生産性は

 落ちます。

   仕事に集中する

 これを防ぐには、自らの仕事で最も成果に貢献出来る

 ことは何か
を決めることです。店の店員の仕事は何で

 しょうか?接客です。伝票処理やバックヤードの片づけは

 本来の仕事ではありません。接客時間が多くなれば成果が

 上がります。そうかといって店としては、伝票処理やバック

 ヤードの整理整頓は必要なことです。

 これを防ぐには、アウトソーシングすることです。店員は

 接客が得意です。そこに専念させることです。
それなのに

 伝票処理や整理整頓に時間を使わせてしまうのです。

 本当に成果に繋がる仕事は何かを定義しせばこのことが

 解ってくるはずです。

 それはすべて成果に集中させるためです。

 あれこれ部下に指示をして、成果を上げられないのは仕事の

 出し方が悪い
ということになりますね。

 動画deブログ解説は、明日11時からライブ配信にて

   <<チャンネルはここから>>

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年07月12日

戦略名人CD版【実行の手順とウェイト付】その3

◆ライブ配信直前の機材トラブルで、1分ほど遅れて配信が

 始まりました。冒頭で焦り気味の私の顔が映り込んでし

 まっています。配信後、調べましたら、異常なく作動。

 未だに、オープニングとエンディングが上手く行ったことが

 ありません。その分内容を充実させています。(笑)

 本当は第3章を終えたかったのですが、進みが悪く将軍の役目を

 4つ説明したにとどまりました。

  4.主力兵器・補助兵器を決める
  5.戦場の中心と範囲を決める
  6.進軍ルートを決める
  7.戦う陣形を決める


 ここまでは、経営の要点で8割を占めるところです。

 次回は、内部関連についてお伝えします。 

  <<次回7月19日11時〜予告>>
   『第3章 実行手順とウェイト付』その4をお送りします。

        ★ライブ動画はここから★
  

       <<<詳しくはここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年07月11日

必要のない仕事をやめる

◆生産性を高める6つのステップの一つ目は、必要のない

 仕事をやめることです。私は以前ソフトウェアの開発の

 仕事をしていました。プログラムというのは、複雑であれば

 あるほど修正が難しくなります。

 例えば、その年が閏年かどうかを判定するプログラムを作成する

 とします。グレゴレオ歴では、閏年は、4年に1度閏年になります。

 そして100年に一度閏年ではなくなります。

 さらに400年に一度閏年でなくなることがなくなります。

 これをプログラムで判定するにはどうすればよいでしょうか?

    必要のない仕事をやめる
   ★動画deブログ解説はここから★
  

 まず西暦を4で割ってみて、余りがなければ閏年の可能性が

 ありますので、さらにその西暦を100で割ってみて、余りが

 なければ、閏年でない可能性があるので、もう一度400で割

 ってみる。そして余りがなければ、閏年と判断するというように

 言葉通りプログラムを作成することができます。

 しかし、次のようにも考えられます。

 400で割り切れたら、閏年。

 上記以外で、100で割り切れたら、閏年ではない

 さらに、4で割ってみて、割り切れたら閏年。

 こうすることで、プログラムの行数は減少します。ここでは

 閏年を判定することが仕事であり、閏年の定義を理解する

 ことではありません。
暦とのずれをどうするかなどは、どうでも

 よいことなのです。

 閏年程度なら、それほど差はないかもしれませんが、知識労働は

 やり方によって、生産性は大きな差がつきます。

 ホームページのデザインなど最たるものです。有名カメラマンに

 撮影してもらい、有名デザイナーにデザインしてもらっても

 見てくれる人がいなければ何の意味もありません。見てもらっても

 仕事に繋がらなかったら、これまた意味を成しません。

 こうならないためには、仕事を再定義しなおす必要があります。

 この仕事の目的は何なのか?成果は何かなのかをです。

 知識労働は、深く考えずに、実行さえすれば成果が上がるという

 ものではありません。

 仕事の再定義をするには、組織の目的、何を実現したいのかを

 正しく、明確に決めておく必要があります。

 ドラッカー先生の経営者に贈る5つの質問の一つ目、

 われわれのミッションは何か?を考えてみてください。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年07月05日

戦略名人CD版【実行の手順とウェイト付】その2

◆毎度のことですが、私の講義は詳しく伝えようとして時間

 オーバーになることが良くあります。今日もそうでした。

 将軍の役目の12項目を伝える予定だったのが、3つ半だけで

 終わってしまいました。

  1.戦う相手を決める

  2.大義名分をはっきりさせる

  3.情報を集める

  4.主力兵器・補助兵器を決める


 特に中小企業の社長が苦手なことで、そのために効果性が落ちて

 いる部分でしたので、詳しく伝えたつもりです。

 次回は、『主力兵器・補助兵器を決める』の途中からです。

 企業のとっては、主力商品と補助商品になります。

  <<次回7月12日11時〜予告>>
   『第3章 実行手順とウェイト付』その3をお送りします。

        ★ライブ動画はここから★
  

       <<<詳しくはここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年07月04日

知識社会における生産性を高める6ステップ

◆社会がこれほど発展してきたのは、生産性の向上が根底にある

 からです。

 今までは、人が集まり同じことを同じようにすることで、大量の

 生産を可能にしてきました。

 そこに、資本が投下されて近年の生産性の向上は目を見張るものが

 あります。

 しかしその考え方は、より多く作ることが中心でした。したがって

 より長く、より激しく働くことが善しとされてきたのです。

 そしてより資本を稼ぐことによって、さらに生産性の向上を図って

 来ました。

 しかしながら、現在はそうではありません。それは仕事の中に知識労働

 が占める割合が増えてきた
からです。

    知識社会における生産性を高める6ステップ

 こうして今までは、工場労働の生産性の向上から知識労働の生産性の

 向上
が課題となってきたのです。も

 もう一つの課題は、サービス労働の生産性向上です。

 知識労働の生産性の向上の6つのステップをドラッカー先生は経営論

 の中で次のように言っています。

  1.必要のない仕事をやめる
  2.仕事に集中する
  3.生産性の意味を考える
  4.労働者をマネジメントのパートナーとする
  5.継続して学習する
  6.他人に教える


 これらが自社にとってどのように影響するかを考えていかなければ

 なりません。

 これを実現するには、組織の再編成が必要です。まず社長の頭の中

 とりわけ、OSの再インストールが必要です。

 バージョンアップではありません。全く新しいOSを再インストール

 する
のです。Windowsを使っていた人が、iosに換わるようなものです。

 コロナ禍で企業がやるべきことは、知識社会に対応できる組織の再構築

 リエンジニアリングです。

 ステップの一つについては、次回以降学んでいきましょう。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界