2019年11月16日

できないと思っていることを実現させる

◆私は幼いころから自分に特に才能があると思ったことが

 ありません。そんな私ですから、思春期に生きている

 ことを疑問に感じることはよくありました。

 20代後半になって、SMIという自己啓発のプロ

 グラムに出逢い、多少積極的になったきました。

 目標を設定し、それに向かって段階を踏んで達成して

 いく
考え方は、私にとっては画期的で勇気を与えて

 くれるものでした。

 しかし物事を達成する勇気は得られたものの自信とは

 別のもの
でした。

   できないと思っていることを実現させる

       ★動画deブログ解説はここから★
   

 自信なんてそう簡単に手に入るものではありません。

 過信、慢心だったら自分の思い込みだけで充分ですが

 自信の場合は、自らの存在意義を確信しなければ得

 られません。

 未だに、これでいいのだ!という自信はありませんが

 自信を確固としたものとするヒントが少し解った

 気がします。それは自分ができないと思っていたことを

 実現し、周りから承認されること
です。

 これを繰り返していくと自信が確信となってきます。

 私がそれを最初に感じたのは、営業に転職したときです。

 周りの誰もが、反対した中数か月でトップセールスに

 なったことです。でもトップセールスなどはある意味

 他の人でもできなくはありません。

 それ以上に必要なのは、他の誰もやらなかったことを

 実現すること
です。企業という組織では、市場を

 創り出すことです。それがその企業の存在意義になります。

 組織の存在意義を創り出すために、なにがしかの役割を

 従業員が担うことができたら
、その人の存在意義も

 生まれてきます。これを実現するのはマネジメント、社長です。

 しかしこの存在意義、自信、確信は作り続けないと

 消えていきます。
うつろいやすいのです。

 トップマネジメントが、日々の糧だけに拘れば

 存在意義は、得ることができません。組織が存続する

 意味も失われます。

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略