2019年11月30日

先が見えないときに動き回る人、思考が止まる人

◆人は、先が見えないと不安が募ります。

 この不安が、人を惑わせ二種類の行動にかき立てます。

 一つは動き回ることです。動くことは具体的な行動です

 ので、眼先の不安がみえなくなります。

 しかし動きが止まると不安が募り、また動こうとします。

 この動きが根本的に不安を解消するものでなかったら

 同じことを繰り返えそうとします。

 戦術活動つまり見えるものに逃げてしまうのです。

   先が見えないときに動き回る人、思考が止まる人

★★ 動画deブログ解説はここから ★★


 不安を解消するものとは、将来に向かっていくもので

 なければならないのに、過去に成果が上がったことに

 しがみつく
のです。
 
 もう一つは、不安を頭の中で解消しようとすることです。

 将来のこととは、自分の経験では解決できないことです。

 未経験で、しかも自分の体験では解決できないことが不安に

 つながります。

 これをいくら頭で考えても、解決はできません。

 これらを解決するには、自分の外に解決策を求めることです。

 これは基本、原則に戻ることです。

 基本、原則とは過去の天才たちがこれが成功の原則だと

 言い残したことです。

 天才でない凡人は、これを素直に真似をすることから始める

 行動できるようになります。騙されたと思ってやってみたら、

 上手くいったという風なことが起こります。

 こうして徐々に自分の枠を大きくしていくといつの間にか

 自分ではとても出来ないと思っていたこと
が実現できるように

 なります。

 経営における原則は、私のところでお伝えしています。

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年11月23日

好きなことをして、満たされる人は稀

◆好きなことをすればよいという番組があったが本当にそうなの

 だろうか?

 そもそも私は好きなことなど何もありません。こういう人は

 どうすればいいんだろうか?そう思ってしまいました。

 好きなことと言っても、その程度が問題です。

 生活を掛けてもよいような好きなこともあると思いますが

 単にやってみたいという好きな事もあります。

 私は、生活を掛けるほど好きなことなどありません。

    好きなことをして、満たされる人は稀

  ★★ 動画de解説は、ここから ★★


 多くの人がそうではないかと思います。調査をしたこと

 がないので解りませんが。

 命を掛けても好きなことがあること自体私は才能がある

 のだと思います。世界のトップスポーツ選手の言葉を聞くと

 小学生や中学生の時に、命を掛けてもよいというものを

 見出しています。
 
 好きなことをしたとしても、それが他者に貢献していない

 こともあります。この場合、自己満足だけ周りは大迷惑に

 なる訳です。逆にそれほど好きではなくても、他者貢献する

 と自分の満足だけでなく、他人も満足します。

 しかもそれが自分の得意なことで貢献出来れば、これほど

 自分にとっても楽しいことはありません。

 言葉を換えれば、自分が成すべきことを成すことになります。

 自分の生活圏の中で、自分が好きでなくても、他人より上手

 に出来ることで、貢献すればそこに存在意義を見出すことが

 できます。
 
 こうして他人の役に立っていれば、自然とそのことが好きに

 なってくるのではないでしょうか?

 皆さんは、先に好きなことを手掛けて、他者貢献できるように

 なるのか。それとも他者貢献から好きなことを見つけるのか

 どちらのタイプでしょうか?

 私はどうやら後者のようでした。

 好きなことだけをして、他者に貢献し人生に満たされる人は

 天才
だと思います。稀です。

 凡人は、こんな私でも誰かに喜んでもらえることがあることに

 気づかされ、好きなことに目覚めるのではないでしょうか?

 皆さんは、どのようにお考えでしょうか?

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言

2019年11月16日

できないと思っていることを実現させる

◆私は幼いころから自分に特に才能があると思ったことが

 ありません。そんな私ですから、思春期に生きている

 ことを疑問に感じることはよくありました。

 20代後半になって、SMIという自己啓発のプロ

 グラムに出逢い、多少積極的になったきました。

 目標を設定し、それに向かって段階を踏んで達成して

 いく
考え方は、私にとっては画期的で勇気を与えて

 くれるものでした。

 しかし物事を達成する勇気は得られたものの自信とは

 別のもの
でした。

   できないと思っていることを実現させる

       ★動画deブログ解説はここから★
   

 自信なんてそう簡単に手に入るものではありません。

 過信、慢心だったら自分の思い込みだけで充分ですが

 自信の場合は、自らの存在意義を確信しなければ得

 られません。

 未だに、これでいいのだ!という自信はありませんが

 自信を確固としたものとするヒントが少し解った

 気がします。それは自分ができないと思っていたことを

 実現し、周りから承認されること
です。

 これを繰り返していくと自信が確信となってきます。

 私がそれを最初に感じたのは、営業に転職したときです。

 周りの誰もが、反対した中数か月でトップセールスに

 なったことです。でもトップセールスなどはある意味

 他の人でもできなくはありません。

 それ以上に必要なのは、他の誰もやらなかったことを

 実現すること
です。企業という組織では、市場を

 創り出すことです。それがその企業の存在意義になります。

 組織の存在意義を創り出すために、なにがしかの役割を

 従業員が担うことができたら
、その人の存在意義も

 生まれてきます。これを実現するのはマネジメント、社長です。

 しかしこの存在意義、自信、確信は作り続けないと

 消えていきます。
うつろいやすいのです。

 トップマネジメントが、日々の糧だけに拘れば

 存在意義は、得ることができません。組織が存続する

 意味も失われます。

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年11月09日

タイムマネジメント能力を上げる3つの習慣 その3

◆習慣の3つ目は、投入時間から成果の出し方を考えることです。

 例えば次のようにすることです。今日実行するべきことは、

 以前のブログてお伝えした必須重要リストで書き出すとします。

 その場合、単にその日のうちに行うということではなく、午前

 10時までにこれを完了する。11時までにこれとこれを

 終わるという具合です。
 
 午前中の3時間を使い、これとこれが終わると考えておくと、

 どういう訳だかそのように体が動いてしまいます。

 しかし多くの人は、これをやらねば、とだけ考えます。

 どちらが成果を出すでしょうか?

   タイムマネジメント能力を上げる3つの習慣 その3

      ★ 動画de解説 ★
            ↓ ↓ ↓


 つまり計画を立てるときも時間から始めることです。

 私は、毎月末に翌月の実行計画を立てています。それは来月

 やることを一覧表に書き出したものです。

 期限を書くヵ所もあります。

 しかしながら、この達成率が15年間70%程度でした。

 その原因が計画を立てるときに時間から始めていない

 ことだと気づきました。

 10月はやり方を変えたおかげで、100%達成しました。

 その方法とは、以前と同じように一覧表に書き出します。

 次にカレンダーに自分との約束として、時間を確保します。

 確保できない計画は、翌月の計画に回します。目標が少なく

 なるだけでどちらでも一緒ではないかと思われるかもしれま

 せんが、1か月テストした結果違いがありました。

 今まで、達成できずに何か月も先送りになっていたことが、

 不思議なことに片付いていきます。

 あれだけ、先月もできない、今月もできないというこことが

 出来ています。

 月の途中で、100%達成したら翌月の予定に取り掛かれば

 よいのです。

 以上の3つの習慣を前提に自己管理をしていくと時間の使い方が

 グンと上手くなります。

 反対に、この3つの習慣がない状態で、効果性だけを求めても

 何も成果は生まれません。

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年11月02日

タイムマネジメント能力を上げる3つの習慣 その2

◆習慣の2つ目は、翌日の予定を決めておくことです。

 他人との約束は、先約優先で決めればほぼ解決します。

 次に問題となるのは、自分時間の管理です。自分との約束が

 出来ていないことが原因で、成果を上げられない人がいる

 ようです。私は、前日に翌日必ず行うことと、それが達成

 できたら取り掛かることをカードに
書いています。

 朝出掛ける前に、これをしてあれをして。

 ほぼ毎日同じことです。でも書いています。

    タイムマネジメント能力を上げる3つの習慣 その2

     ★ 解説動画はこちら ★


 この習慣は、忘れてはいけないことを書いておく備忘録

 とは全く意味が違います。備忘録は、忘れないように記録

 していくものですが、このメモは自分が行う行動を事前に

 頭の中で描くことが目的
です。イメージトレーニングです。

 皆さん、少し想像力を働かせてみてください。出社した

 時点で何から取り掛かるかを解っている人と、出社してから

 考える人とどちらが成果を上げられるかを。

 私は前者だと思います。

 後者の場合、次のようなことがよく起こります。

 朝やることが決まっていないと、今日は何をしようかと

 考えなければなりません。

 そこへ、「おい、これやっておいてくれんか」

 こんなことを上司から言われます。やることが見つからない

 うちに指示が入るとそれに向かって行動を起こします。

 一段落したら、また今日は何をするんだったかを考えだします。

 とりあえず、これからやろうと動き出しますが、今日のうちに

 何をするべきかは解らないままです。

 こうしてぼちぼち調子が出てきたころにはお昼です。

 そして帰社時間に。

 結局、タイムカードを押して、帰るまで成果とは無縁な行動

 つまり1日の時間を埋めることが目的に
なってしまうのです。

 タイムマネジメントが出来ない人は、自分が成果を出すために

 その日に何を行うべきかを決めていない人です。

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略