2019年04月27日

バイトテロは、働き方改革への警鐘

◆昨日夕方TVのニュースで、またまたバイトテロの動画が

 配信されたと報道されていました。

 SNSで拡散するという心理は私にはよく解りませんが

 仕事というものに対する考え方が我々の時代と明らかに

 違う
ことは解ります。

 私がアルバイトを始めて就いたのは、高専の1年か2年

 の時だったと思います。

    blog20190427.jpg

 同級生から紹介されて夏休み時間もあるし、小遣いを

 稼げるのだったらその同級生と始めたのです。

 アルバイトと言っても、カーエアコンの取り付けをして

 いる人の補助ですので、今のように正社員と同じような

 仕事をするという厳しいものではありません
でした。

 ただ、仕事場に行けば仕事はやらなければならないものだ

 ということは、16、7歳の私でも感じ取っていました


 そして仕事を少しずつ理解し始めました。当時車のエアコン

 は、後付けですので車の床にドリルで穴をあけてホースを

 通すとか、エンジンのプーリーを外して、コンプレッサー

 にVベルトで動力を渡すなど社員の方の補助をしながら

 少しずつ覚えていきました。

 最初は、「おい!ホース取ってくれ」とか言われたまま

 やっていましたが、最終的にはドリルで穴を開ける事

 ぐらいは出来るようになっていました。

 こういうことを通じて私は、仕事に対する面白みを感じて

 いったのです。

 仕事の取っ掛かりとしては、とても良い環境だったと

 思います。

 それから随分経ちましたが、仕事への考え方も成長しま

 した。

 その成長とは

  『仕事とは、自分の強みを生かして

           他者に貢献することである


 ということです。

 ここの到達したのは、仕事への面白みを諸先輩方の姿勢を

 みて学べたことがあったからだと思います。

 企業から見れば時給を払っているのだから、その分は

 四の五の言わずに、働いてもらわんと。と思うのも解り

 ます。金のために仕事をしているんだという考え方で

 仕事に就かせたら、仕事離れが起こることは必然
ではない

 かと思います。

 今の日本では一つの職場を続けなくても生活は出来る訳です

 から。特に若い間は。

 バイトテロは、仕事は生活のためという大人の考えが反映

 されているんではないかと私なりに考えます。

 そしてバイトだからいつ辞めてもいい。勤務時間は時給も

 貰えるし、調子に乗っておもろいことやったろ〜。

 そんな中で、友達に目立って自慢したいと考えたのでは

 ないでしょうか?

 ドラッカー先生は、無給で働くボランティア活動に企業は

 学ぶべきだ
と言っています。

 有給のスタッフだから、つまり給料を出しているのだから

 働くのは当たり前というのは通用しないということです。

 皆さんの職場は如何でしょうか?

 バイトテロは、大人の仕事に対する冒とくへの警鐘ではないで

 しょうか?

 今働き方改革でよく聞くのは、仕事時間の話ばかりです。

 まるで仕事は、囚人が刑に服すような考えているかのようです。

 皆さんは、仕事に対してどのように臨んでみえますか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略