2019年04月13日

資源有効活用の鍵は、集中にある

◆私もそうでしたが子供の頃はあらゆるところに興味が

 湧いて気が散って宿題どころではありません。

 テレビっこ世代ですので、観たいテレビが山ほどあり

 ました。ドリフターズの8時だよ全員集合!などは

 どうしても見たい番組の一つです。土曜の夕方から

 寝るまではテレビを観っぱなしです。私の息子は、これが

 テレビゲームに代わっていました。

 こういう時に親としてやることは、テレビを消す、ゲーム

 を取り上げるという荒療治です。

 時間という資源の分散を避けるために無駄と思われるもの

 を禁止する
はずです。勉強しなければいけない状況にある

 にも関わらず、家の用事を言い付けたりしないはずです。

    資源有効活用の鍵は、集中にある

 これを経営に置き換えて考えてみるとどうなるでしょうか?

 社員が仕事に集中しようとしているのに、社長が思いつき

 で、仕事を言い付ける
ようなものです。

 こういう状況に陥るのは、忙しいから手伝って欲しいと

 いうだけで、社員を採用
することが原因の一つです。

 私の会社には、社員がいません。こういうのを会社という

 べきかどうは解りませんが・・・

 仕事がないかというとそうではありません。やって欲しい

 ことは山ほどあります。しかしそうだからといって採用

 しても私の小間使いにはなりますが、その人が能力を

 発揮することはありません。
本来なら採用された社員が

 自らクライアントを作り、講師や経営相談の仕事に就いて

 能力を発揮すべきです。その間会社が応援するべきです。

 その人が、能力を発揮できるよう集中させるのが社長の

 仕事
です。

 もう一つ能力を分散してしまう原因は、何を行えば成果が

 上がるかを予め伝えたない
ことです。

 選択と集中と言われますが、ここでいう選択です。

 これがされていないと、折角作った時間も霧散してしまい

 ます。集中する先を明確にしていないと社員は、成果を

 生む活動ではなく、時間を埋めることを仕事と勘違い


 してしまいます。

 皆さんの組織は、どのよう状況でしょうか?

 選択と集中が社内で出来ているかを一度チェックして

 みてください。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略