2019年01月05日

目標設定だけでは、上手く行かない理由が証明された

◆今年になって初めて見た夢を初夢というのでしょうか?

 最悪でした。10時から始まる講演の依頼で会場に出向

 いた私は準備のためにエレベーターで1階へ。

 どういう訳か、その建物を出て隣の建物の敷地内へ。

 私は不審者扱いで、それを証明するまで出られず。

 結局、解放されたのは12時20分。そこで夢は

 終わりでした。結局、講演はどうなったのか・・・

 こんな初夢で始まった2019年ですが、年末年始の

 隙間時間を使って、書籍モチベーション3.0に目を

 通し、2冊目のマインドセットに
取り掛かっています。

  blog20190105.jpg

 私はSMIプログラムで目標で自らの行動を促す方法を

 知りました。一方この方法を使って上手く行く人と

 上手く行かない人がいる
ことに懸念を抱いていました。

 その疑問が、書籍:マインドセットを読み、解けました。

 人は2種類のマインドセット、考える習慣に分けられる

 とその書籍で言っています。一つは固定マインドセット

 人の能力は変わらない
というものです。ですから自分が

 無能でないことを他人に証明することが目的になります。

 もう一方は、しなやかマインドセットです。

 人の能力は成長するものだという考え方です。自らが成長

 することが目的となっています。

 結果がどうあれ、自らが成長することを重視します。

 固定マインドセットは、他人より上を行けばよいので、

 他人との比較
、競争です。これは強者の戦略。

 しなやかマインドセットは、自らの成長です。自らの成長

 で自己の重要感・存在意義を示す
のです。これは弱者の戦略。

 固定マインドセットからしなやかマインドセットに

 変えることは可能
です。私自身がそうだからです。

 今年のテーマは、21世紀型の組織づくりの研究です。

 今後、モチベーション3.0の組織しか優秀な人は集

 まらなくなります。

 モチベーション3.0の組織とは、自律性、熟達、目的

 を持った組織です。さらに研究を続けて行きたいと思います。

       

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(47期生)募集中★
      2月1日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略