2018年10月06日

通勤の目的は、何か

◆自動車ディラーに勤めていた時、通勤はもちろん車でした。

 自社の販売する車に乗り、朝の重体にぶち当たり30分ほど

 掛かったと思います。当時私はコンピュータ係という部署に

 配属されており、システム開発をしておりました。

 この部署に配属されて2年ほど過ぎたとき、技術を高める

 ために、情報処理技術者試験に挑戦
することにしました。

 ところが業務は多忙を極め勉強している時間がありません。

    通勤の目的は、何か

 そこで私は、通勤を車から電車に変えることにしました

 通勤時間は、45分ほどに長くなりましたが、電車移動の

 15分間勉強に
当てることができます。

 これが功を奏して、1回目の試験で合格することができました。

 当時はありませんでしたが、情報処理専門学校では2年掛けて

 この試験に挑戦させるそうです。それでも、合格率は10%あるか

 ないかと聞いたことがあります。

 始業時間までに会社に到着することを目的にすれば、車を運転

 していけば30分、勉強することを目的にすれば45分掛かって

 も、電車で通勤する手段を選んだ方が良いのです。

 目的によって、その手段の良し悪しが決まります。

 ところが目的を明確にせずに、手段だけを語ることがとても多い

 ものです。特に、組織において各自があいまいな目的に向かって

 手段だけを議論しても何も得るものはありません


   皆さんの事業の目的は、何でしょうか?

   それは正しい目的と言えるでしょうか?

 良い会社にするには、目的を利益に置かないことです。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略