2018年09月22日

仕事の価値は、対価と称賛である

◆経済社会では、仕事の価値をその対価、お金を中心に

 考えるようです。同じ仕事を時給1000円で受ける

 より1500円の方が一般的に価値があると言われます。

 しかし仕事の価値とは、その程度のことでしょうか?

 スーパーボランティアの尾畠さんの偉業は、お金で

 換算できるようなものではありません


     仕事の価値は、対価と称賛である

 このことを考えると仕事の報酬は、他者貢献したそのお礼を

 お金という形で頂けるもので、お金はある一面でしかない
こと

 が解ります。

 報酬をお金という形にすると、世間からもとがめられることは

 ありませんし、簡単に済ますことができます。

 最低賃金さえ払えばいいという考え方は、見方を換えれば仕事へ

 の冒涜
であるとも取れます。

 経営という側面で考えると給与の支払いが少ないほど、楽にな

 ります。とは言え、支払っているからいいだろうというのは少々

 違うのではないでしょうか?

 もし支払額が少ないと感じるのであれば、それを埋めるだけの

 感謝と称賛を与える必要があるのではないかと思います。

 これは、仕事をしている自分自身にも言えることです。

 受け取る給料だけが、自分の仕事の価値だとしたらあまりにも

 安い
と私は思います。

 1日8時間自分の人生を捧げるのですから、安すぎませんか?

 対価以外に、次の自分への称賛を考えてはいかがでしょうか?

   『自分は、この仕事から何を得られたのか?』

   『自分は、この仕事で、どれだけ成長できたのか』

   『自分は、他者にどれだけ貢献できたのか?』


 こういうことを考えること自体が、その仕事の価値に付け加える

 ことができます。

 経営者は、この称賛を探してでも与えるべきです。

 経済的価値は、他人が決める要素がとても高いですが、称賛は、

 誰の影響も受けません。仕事をどのように、捉えるかだけです。

 皆さんは、仕事の価値をどのように考えられますか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略