2018年08月25日

マネージャー失格、それは【真摯さの欠如】である

◆今月は、ドラッカー先生のマネージメント・エッセンシャル

 版を勉強しています。

 ドラッカー先生の他の書籍を読んでいると、どうしてもドラ

 ッカー先生の言うマネージメントとは何かを知っておく必要が

 あったからです。さすがに全編は3巻もあるのでエッセンシャル

 要約版に、まず取り掛かっています。

 ドラッカー先生はマネージャーに任命する以前に、身に付けて

 おかなければならない資質は、『真摯さ』だと言っています。

 次の言い回しは、ドラッカー先生らしいと感じたんですが、

  『真摯さを定義することは難しい。マネージャーとして

   失格すべき真摯さの欠如を定義することは難しくない』

 ということで、5つの項目を挙げています。

    マネージャー失格、それは【真摯さの欠如】である

       

 その一つ目は、

   『強みより弱みに目を向けるものをマネージャーに

    任命してはならない
』です。

 人は、他人から認めてもらいたいという願望があります。これを

 渇望します。人から認められることを他人と比較することで得

 ようとすると次のような方法もありえます。

 人を自分より劣る存在にすることで、こういう人は人の弱点を

 ついてきます。つまり人の弱みに目を付けてしまうのです。

 この習性があると自分(マネージャー)の出来ることを押し付け

 る
ことになります。そしていつまで経っても俺の方が上だという

 ことを鼓舞しようとします。

 決して自分以上の能力を発揮させようとしないのです。

 もう一つ懸念することがあります。弱みに目を向けることは、

 出来ないことに目を付けることに繋がるからです。

 マネージャーは、将来を見て切り開いていかなければなりません。

 まだ来ていない未来は、すべて出来てないものです。こう考える

 と出来ないことに目がいき、出来ることに目がいかない人はマネ

 ージャーとして失格なのです。

 皆さんは、この言葉どう考えられますか? 

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾





posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略