2018年07月14日

人材は人を活かし、人財は人を価値とみる

◆人材を人財と読み換えることが流行っているようです。

 竹田先生曰く、『材』の漢字の成り立ちはその昔家を

 建てるとき自然の木を調達してきて材料としました。

 今のような製材技術はありませんので、曲がった木も

 多かったそうです。

 その曲がった木の特徴を活かし、その場所を決めて一軒

 の家を丈夫に建てた
そうです。まさに適材適所です。

    人材は人を活かし、人財は人を価値とみる

 『材』というのは才能という意味もあります。つまり人材

 とは、人の才能を活かし適材適所に配置する
という意味が

 込められているのだと思います。

 これに対して『財』とは金銭的価値を表しますので才能と

 いうよりその時点の価値評価になってしまうような気がします。

 役に立つ度合なのかなぁ〜なんて

 そうすると役に立つ人は、集めたいが役に立たない人は要らない

 これは経営者としてどうなんだろうか?少し屁理屈のような

 気がしないでもないですが、このことで私は2つのことを

 学びました。

  『経営者は、人の才能を活かすことを目指すべき

  『流行りの言葉を良く調べもせずに使わない。

 皆さんは、どのように考えられますか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年07月07日

チーム〇〇会社の目的・目標は何か

◆ワールドカップ最中ですが、ジャパンが帰国しました。

 チーム全員が勝つことを目指し、道半ばでしたがよく

 頑張って、私たちに勇気と感動を与えてくれました。

 ワールドカップ、オリンピックなどスポーツの世界では

 目指すものは明確で、語らずとも伝わるところがあります。

 例えば、その大会の優勝です。

 それでも行動に移すには、チームの目標設定が必要です。

    チーム〇〇会社の目的・目標は何か

 今回のジャパンの目標は、一次リーグ突破だったようです。

 ジャパンとしてベスト16の常連となれば何れベスト8、そして

 トップの座へと一段一段上がっていきます。

 この気持ちを今回代表を引退する選手たちは引継いでもらい

 たいと願っているに違いないと思います。

 こういったスポーツの世界に比べて、企業では目的・目標を

 共有することはとても難しくなります。
特に他人が集まって

 くると目的はほぼ一致しません。

 100人の社員が集まれば、100の目的・目標を持ちます。

 目的・目標を時給にする人、仕事の内容にする人、お客さんの

 対応とする人、家庭との時間とする人・・・・

 これを一つに向かわせるのが、トップの仕事です。

 チーム〇〇株式会社では、〇〇を目的に事業を行う。そして

 目標は〇〇とする。それぞれのポジションでは、〇〇という

 ことを〇〇の手順で
達成して欲しい。

 この〇〇のところが埋められたら、その企業は100社中

 ベスト10に入ることが出来ます。

 但し、条件があります。〇〇が自社の立場の戦略に合っている事

 全員が同じ〇〇と認識していること。

※注意 〇〇に入る言葉はすべて違う言葉が入ります

 皆さんの会社は、如何でしょうか?

 チーム〇〇会社と考えると、案外経営は簡単に思えてきます。

 上記〇〇を正しく埋めるには、社長の戦略実力を高めること

 からスタートしてください。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略