2018年05月26日

会社に使命がないと会社は無くなる

◆経営理念という言葉がどうも良く解らないので、ウィキペ

 ディアで調べてみました。次のように掲載されています。

  『経営者の経営哲学や信念、行動指針や目的などを

   明文化し、その企業が果たすべき使命や、基本

   姿勢などを社内外に向けて表明するものである』

 この文章を読んで、少し安心したことがあります。

 それは一般的に言われている経営理念という言葉の範囲が広す

 ぎ
てどういう意味なのかそれぞれ勝手に解釈してしまっている

 ということです。

    会社に使命がないと会社は無くなる

 経営の哲学というと自分本位でいいし、使命というと社会への

 貢献、ニーズがなければ成り立ちませんので、これは全く別の

 ものになります。

 企業が存続していくには、現在そして将来の市場ニーズがなけれ

 ば存続できません。市場あっての企業です。

 そしてその使命を果たせば、その企業の役割は終えるわけです。

 しかしながら、経営者には市場を創造し、事業を継続することが

 経済社会のニーズでもありますので、新しい使命を持たなければ

 なりません


 使命とは、命の使いどころと芳村思風先生は教えてくれます。

 企業と社長の命と引き換えに何を果たそうとしているか。

 この使命がないと企業の存在意義はありません。

 会社に使命がないと会社は無くなることになります。

 ドラッカー先生は、NPOに学べと言っています。NPOは

 使命(ミッション)からスタートしています。21世紀生き残る

 企業には、この使命が必要です。

 さらに研究したい方は、次の書籍がお勧めです。

     

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(45期生)は満員御礼★
      次回は10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年05月19日

原因が解らないGDPで政策を打っても当たらない

◆先日GDPが前期比0.2%%落ちたとかいうニュースを

 テレビで観ました。

 GDPって、国内総生産ですよね。

 この総生産に貢献している中には、大企業もあれば中小企業

 もあります。

 その大企業、中小企業の中にも勝ち組と負け組があります。

 二極分化している訳です。この二極分化は言われて久しく

 誰でもこのこと良く解っているはずです。

    原因が解らないGDPで政策を打っても当たらない

 国内総生産は、数社が圧倒的な付加価値を上げることが出来

 れば残りの数十万社は上げなくてもよい訳です。

 こんな平均値のような国内総生産を指標にして日本経済の

 舵をとっていいんだろか。
と思ったわけです。

 企業経営のおいて、うちの会社の売上は〇〇億円だ!と息巻い

 ても、なぜその売上を生み出したのかが解っていなければ

 どこに力を入れてよいのか、何を切り捨ててよいのかさっぱり

 解りません。

 戦略実力の高さは、この情報の取り方によっても大きく差が付

 きます。
皆さんの事業は、どこで付加価値を上げようとして

 どのような対策が期待通りであり、どのような対策が期待通り

 でないのでしょうか?

 原因が解らず、業績が良いほど怖いものはありません。

 皆さん事業では、原因と結果が解るような仕組みは作られて

 いますでしょうか? 

★戦略実力を高める戦略社長塾(45期生)募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年05月12日

感性という言葉にごまかされるな

◆日本人は、日本語という曖昧で難しい言葉を使ってい

 る関係か。感性という言葉が大好きなようです。

 私は感性という言葉の意味が解りません。

 もし感性とは具体的にどういう事をいうのですか?

 と質問したら皆さんはどのように答えられますか?

 私は人間に感性が必要ないということを言っている

 のではありません


  感性という言葉にごまかされるな

 こういったい曖昧な言葉で、現実をごまかす危険

 言いたいのです。

 感性は、これだと具体的に定義することは出来ない

 かもしれません。それはそれとして、この曖昧な

 ことが行動に繋がるかというとそうなる確率は減る

 と思います。

 単一言語単一民族であるために伝わる言葉です。

 この曖昧さが、課題を解決するときや新たな行動を

 起こすときに時に邪魔になることがあります。

 問題が起きているにも関わらず、結論が出ず。長い

 話し合いの結果、とにかく頑張ろうや。などと終わる

 会議を見かけます。結局問題の先送りです。

 こうして日本人特有の曖昧さで目の前の問題をごまかす

 結果
になってしまうのです。

 今後女性の労働力、海外からの労働力、そして世代の

 違う労働力に頼らざると得ない状況が増えてくると

 思いますが、決して曖昧さでごまかされないように

 すべきではないでしょうか?

 皆さんは、どのようにお考えになりますか?

★戦略実力を高める戦略社長塾(45期生)募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年05月05日

生産性を高めるには、集中させることである。

◆昨日の新聞に働き方改革について書かれていた。内容は

 一般的には上手く進んでいない。そこで上手くいっている

 ところの事例でした。

 その内容は、残業したら残業代を払う、儲かったら賞与を

 出す。休みを取らすというようなことです。

 でもこれ結果的にそうなっているだけで、何の解決方法

 も提示していない
と私は感じました。

   生産性を高めるには、集中させることである。

 このような結果をもたらすには、付加価値を高めるしか

 方法はありません。付加価値を高めるとは生産性を高める

 ことです。ここでいう生産性とは頑張って働くとか長時間

 働くということではなく、賢く働くということです。

 特に先進国が生産性を高めなければならないのは、知識

 労働、サービス労働の生産性
です。

 知識労働の生産性を高めるために6つのことをドラッカー

 先生は言っています。その中の一つは『集中すること』です。

 昨日、下期のセミナー資料を作っていました。資料を作って

 いるとあれもやりたい。これもしなければと発想が湧いて

 きます。そうすると目の前にある仕事に集中できなく

 なってしまいます。こういうのは人間のサガかもしれ

 ません。資料作りの完成が見えてくるとさらにこの傾向が

 強くなってきました。(これは私の性格なのかも)

 グッと我慢して、集中し直し何とか完成しました。

 自分がやりたいことをするというのは、一見良さそうです

 が、何をしたいかより何をなすべきかを優先すべきです。

 特に経営のような成果に結びつけることが必要なものには

 このことが言えます。

 部下の仕事を集中させない根源は上司、中小企業の場合は

 社長です。特にあれこれと勉強したがる社長は気を付けて

 ください。社長が何かを言う度に、部下の力は分散して

 しまっています。
 
 戦略実力が高くなるとこうなりません。生産性を高めたい

 社長は、戦略を勉強してください。

★戦略実力を高める戦略社長塾(45期生)募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略