2017年10月21日

中小企業の社員がマネージメント出来ない理由

◆マネージメントは、経営〜管理までと範囲か広くよく解りま

 せん。そこでネットで調べてみたところ次のように掲載されて

 いました。

  『目標、目的を達成するために必要な要素を分析し、

   成功するために手を打つこと。』

 ●ビジネスにおけるマネージメントに必要な要素

   1.目標、目的を明確化する

   2.人材を配置し、管理する

   3.担当者の能力を把握し、業務を割り当て、管理する

   4.進捗状況、達成状況を管理する

   5.ミーティングを行い、チームの意思統一を図る

   6.情報収集を行う


  などだそうです。

     中小企業の社員がマネージメント出来ない理由

 30名以下の中小企業の場合、ぼぼ社長の仕事にあたります。

 強いて言えば、社員の立場で出来ることは、以下の2点ほどです。

  4.進捗状況、達成状況を管理する
  5.ミーティングを行い、チームの意思統一を図る

 この2点を実行するには、まず情報を収集し1.目標、目的を明確

 化することから3番目の人の配置までを決めておく必要がります。

 多くの中小企業がここまでが出来ていません

 こういうことから、各自が一体何をすればよいのかを理解して

 いないことがほとんどです。ですから目標が見えていないのです。

 さらに目標を与えられただけで、その達成方法を描ける人はとても

 少ない
のです。過去にやったことがないことを描ける人はほとんど

 いないのではないでしょうか?

 こういうことから、経営システムが出来ていない中小企業では、

 社員にマネージメントを任せることは出来ないことになります。

 これを可能にするには、社長の役目、社員の役目をはっきり認識

 することです
。言葉を換えれば、戦略と戦術をはっきり分ける

 ことになります。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年10月14日

革新し続ける会社だけが、生き残れる

◆夏休みが始まると、今年こそはお盆までに宿題を片付けて

 夏休み最後の日を、余裕で過ごすぞ!

 小中学校合わせて、9回チャンスがありましたが、一度として

 成功した試しはありません。

 中間、期末試験の結果を知らされて、来季こそは計画的に勉強

 するぞと考えて一度も成功した試しがありません


  革新し続ける会社だけが、生き残れる

  <<関連記事はここから>>

 その失敗の始まりは、小さな挫折から始まります。計画を立てて

 3日目にぐらいになると、不測の事態が発生します。

 その結果、今日できなかったことは明日何とかなると先送りを

 してしまいます。二日連続すると3日目には、1日の計画の3倍も

 の量が溜まってきます。

 そしてついには、最初の方針であったお盆までに宿題を完成させる

 という根本的な考え方まで変えてしまいます


 毎年なんとか乗り切っているんだから、今年もなんとかなるさぁ

 なんて、考え出すのです。

 こうして人は、今までの悪しき習慣を変えないままを過ごして

 いくのです。

 個人の場合だったら、それは許されることかもしれませんが、企業間

 競争に置かれている会社の場合は、そのままでは立ち行かなくなって

 しまいます。


 仮に同業他社が変わらないとしても、お客さんは変っていくからです。

 市場に合わなくなった会社は、いずれその市場から退場せざると得なく

 なります。こうならないためには、自らが革新し続ける必要があります

 社長は、これでいいのだ!と慢心せず今よりよくなるにはどうすれば

 良いかを考え続けることです。 

 但し、経営の原則に従って革新をしていかなければなりません。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年10月07日

あれこれと手を付けているが自信のない人

◆よく目立つ人と話していると、あれもやったことある

 それもやったことがあると積極的をアピールしてくる

 人がいます。

 私の性格が悪いせいなのか。こんなことを思ってしま

 います。

  『それで、この人何をやり遂げたんだろうか?』

  『本当の自信を身に付けているんだろうか?』

    あれこれと手を付けているが自信のない人

 会社でもよく似たことが起こります。自信のある商品は

 なんですか?と尋ねるとあれもやっている、これもやっ

 ていると沢山商品を
挙げます。

 では、その中でおさんから客どうしても買いたいと言って

 貰えるもの
はありますか?と尋ねると、しどろもどろ。

 これは商品に限ったことではなく、強い地域、強い業界

 強い客層がを持っていることが自信に繋がります。

 行動経済学の本を読んでいたら、次のようなことが書いて

 ありました。

  『選択肢が、多いほど満足度が少ない

 一つの商品やサービス、一つの地域、客層、業界に集中して

 強くするとそれだけ満足度も高く、強いては自信の度合い

 も大きくなるのではないかとこの時気づきました。

 お客さんから買いたいと言わせる強いものを創るのは、他人

 が出来ていないことです。

 他人が出来ないことを自分が出来て、認められたら自信に

 なります。

 これが会社の存在意義ではないでしょうか?

 皆さんの会社では、強い商品、地域、客層を創ることを

 目標にされているでしょうか?

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略