2017年07月07日

仕事の目的の受け止め方だけで人生が変わる

◆仕事は、生活を維持するためにやっている。俗に言い生活の

 ためにやっていると言われる人が多いと思います。

 確かにそういう面もあるかもしれませんが、それだけで終わ

 らせると仕事がまるで生まれてきたことへの懺悔のように

 聞こえてきます。本当にそうなのでしょうか?

     仕事の目的の受け止め方だけで人生が変わる

 仕事に良いも、悪いもないと私は思います。自分がその仕事を

 通じて人の役に立とうとしているのか。自分の生活の糧だけ

 のために仕事をしているのか
で、仕事の意味が変わってくる

 だけだと思います。

 これは自分自身の受け止め方だけで変える事ができます。

 時間もお金も全く掛かりません。

 もし自分の仕事が、人の役に立ていると感じられることが

 出来るとしたら、仕事で手を抜こうとは思わないはずです。

 自分の立場で出来ることを精一杯すると思います。

 逆に仕事を罪の償いのように感じたとすると出来るだけ手を

 抜いて損しない
ようにと思うはずです。

 この感覚日本人であれば、良く解ると思います。

 人に貢献していると感じられるような仕事をするには、仕事

 に対してプライドを持つ必要があります。

 これには相当な努力が必要です。

 しかしながら、他者に貢献していると感じられるのはその人

 は、毎日幸せを感じながら日々を
過ごすことができます。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略