2017年05月11日

業績を上げ、社員満足度を上げるリーダーとは

◆本日、経済団体の例会当日となりました。少し時間を

 頂いて、リーダーシップについて話す時間があります。

 今回の例会の主旨は、そこではありませんのでほんの

 少し数分間だけです。

 リーダーとしてやらなければならないことは、

   1.チームの目標設定

   2.それを達成する手順の立案

    (狭い意味での戦略立案)

 大きくいうとこの2つです。

 これらを、スタッフと力強く実行していく訳です。

    blog20170511.jpg

 このときにリーダーシップは、欠かせません。

 リーダーシップというのは、九州大学三隅教授のPM理論に

 基づくと仕事遂行能力と人間関係能力になります。

 この双方とも高いリーダーが理想的なリーダーです。

 リーダーシップを受けるのは、部下ですので部下から見た

 評価であること、そして人間関係が優先されることになり

 ます。つまり、部下思いの仕事の出来る人です。

 このリーダーの元では、業績もよくしかもスタッフの満足度

 も高い
という調査結果が出ています。

 同じ給与、同じ待遇の人を調査したにも関わらずです。

 リーダーシップ能力の低いところは、仕事は出来ないし

 不満が多い
訳です。恐ろしい結果です。

 ★戦略社長塾2017年2期生 募集★
           ↓ ↓ ↓
         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略