2017年05月09日

企業にとって、本業の仕事は三種類

◆ドラッカー先生の『創造する経営者』は、1964年の本です

 から、53年も前の本です。

 その当たりのことを、前提で読まなければなりませんが、

 未だに読まれているということは、内容に真理があるという

 ことかと思います。

 この本の最初に下りに、次のようなことが書いてあります

 皆さんは、どのように考えらますか?

    企業にとって、本業の仕事は三種類

 企業にとって、本業の仕事は三種類ある。

  (1)  今日の事業の業績をあげる。

  (2)  潜在的な機会を発見し実現する。

  (3) 明日のために新しい事業を開拓する。


 これを読んで私は、なるほどと思いました。

 多くの企業が、1番めのだけに終始していて、積極的な経営者

 でさえ、2番めの潜在的な機会を発見しようとするぐらいです。

 最後の明日のために新しい事業を開拓するというのは、ほと

 んど見当たらない
ような気がします。

 難しいことだとは、思いますが3つ目が出来ると経済がよく

 なりますし、日本経済の将来も明るいと思います。

 逆に言うと、これがないから将来が見えないのではないでしょうか

 この辺りを見ると、50年以上も前に書かれた本とは思えません

 まだ読んだことがない方は、一読されたし。

      

 ★戦略社長塾2017年2期生 募集★
           ↓ ↓ ↓
         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略