2017年04月14日

自社の事業を決めるのは、一体誰か    [Vol 244]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  自社の事業を決めるのは、一体誰か    [Vol 244]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/04/14━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.自社の事業を決めるのは、一体誰か

  2.私はこうして、この事業を選んだ

  3.市場のニーズは常に変わっている          

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.自社の事業を決めるのは、一体誰か
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 天才コンサルタント・ピータードラッカーをご存知でしょうか?

 2、3年前に『もしドラ』という本が話題になりましたが、その

 ドラは、ドラッカー先生のドラです。

 マネージメントという言葉を世の中に送り出した人です。

 この先生の書籍は何度も読み返してようやく解るという難しい

 内容ですが、経済学者や経済評論家などとは大きく違い経営の

 本質を
伝えてくれています。

 ドラッカー先生の著書『イノベーションと企業家精神』という

 本は、商品戦略に深いかかわりがあります。

 商品を決めるとその企業の方向性がほとんど決まってしまいます

 から当たり前と言えば当たり前です。

 ドラッカー先生は、事業は一体誰が決めるのか?という問いに

 対して、それは顧客であると言っています。

 市場のニーズによって、自社はどのような事業を行うべきかが

 決まってくると言っているのです。

 この時点で、私は頭をガーンと叩かれました。事業を起こすのは

 自分の夢を実現するためだ!などと私は考えていたからです。

 皆さんは如何でしょうか?

 私の独立は、突発的なことでした。生活をどうにか守らなければ

 ならないというところから出発していますので、やりたいこと

 よりも食っていけることが最初に来ています。

 この事業を選んだ救いは、自分自身の悩みを解決するという一面

 があったことです。

-★★------------------------------------------------------★★---

  4月のビジネスセミナーは『強い商品・サービスの作り方』
     ↓ ↓ ↓
   semi72_mousikomi.gif  

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.私はこうして、この事業を選んだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この仕事をする前は、取締役という立場で経営陣の一員でした。

 自分では経営しているつもりでした。

 どうにか会社を良くしたいという気持ちがあったので、よく勉強

 した方だと自分では思っています。

 勉強しだすと、一つのことを勉強するにも相当な時間が掛かる

 です。ある時、経営計画を立てようと思って本を数冊買ってきました。

 本を読んでみるとまず経営分析の話が出てきました。そうすると

 早速壁に当たりました。

 会計用語が解りません。一応簿記の資格は持っていますので言葉

 は、解りますが経営指標の持つ意味が解りません

 例えば自己資本比率は、自己資本額÷総資産これを計算した

 ところで、何パーセントのなればよいのか答えが見つかりません。

 これを調べるのは至難の業です。

 こうして結局、適当な計画を立てて発表する訳です。結局1カ月

 あたり幾ら売り上げるという程度の目標値
が導き出されて終わり

 です。勉強にはなったような気がしますが、費用対効果は悪い

 ことこの上ありません。

 退職が決まり、どんな仕事をするかを悩んでいるときに出会った

 のが竹田先生の教材です。

 教材で勉強すると、自分が解らなかったこと、失敗していたこと

 を見事に説明してくれていたのです。

 そこで思ったのです。

 中小企業の社長があれもこれも勉強してこれが必要だというもの

 を探すのは不可能
に近い。仮に出来たとしても、相当な時間が掛

 かります。こういう悩みは、私だけではないのではあるまいか。

 そこで、自分が勉強して経営者が必要な情報を提供することを

 仕事にしようと思ったのです。

 私がこの仕事を選んだことの救いは、経営者の課題を解決する

 ことだったことです。


-★★------------------------------------------------------★★---

 早わかりランチェスター法則は、ここから

          ↓ ↓ ↓
       早わかりランチェスターの法則

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.市場のニーズは常に変わっている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ドラッカー先生は、イノベーションと企業家精神の中でイノベ

 ーションの機会を7つ挙げています。

 その一つに『ギャップを探す』があります。書籍では、つぎの

 4つのギャップが挙げられています。

  1.業績ギャップ

  2.認識ギャップ

  3.価値観ギャップ

  4.プロセスギャップ


 3つ目の価値観ギャップというのは、提供者と顧客との価値の

 ギャップです。

 ここの面白い文章が載っています。

  『生産者や販売者が提供していると思ているものを

   買っている顧客はほとんどいないのである


 私は仕事柄、顧客の立場で企業を見るようにしています。アド

 バイスする業界の事は素人ですし、社内の事情は解りません。

 社内の都合にはあまり共感しないということです。

 こういう点から社内にいる人たちよりは、顧客目線になる

 ことができます。

 この立場で考えると、先ほどのドラッカー先生の言葉はよく

 解ります。

 見方を変えれば、常にイノベーションの機会は存在するという

 ことです。逆に自社がイノベーション(革新)をしていかなけ

 れば、会社はなくなってしまうことになります。

 経営者の仕事は、革新をしていくことにあるのかもしれません。

 私の記憶によりますと、ドラッカー先生は経営者と経営管理者

 を分けていたと思います。

 今までやっていなかったこと、人がやらなかったことを実現

 して初めて経営者
と呼べるのでないでしょうか?

 私はまだまだですが・・・

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年2期生 募集

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-

   メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は4月28日予定です。 ◆

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略