2017年04月04日

〇〇屋さんが生き残れない理由

◆ドラッカー先生のイノベーションの機会の一つは、ギャップ

 を探せということです。

 その中の価値観ギャップのくだりに肝に銘じておきたい内容

 が出てきます。

  『生産者や販売者が提供していると思っている

   ものを買っている顧客はほとんどいないので

   ある。彼らにとっての価値や期待はほとんど

   常に供給者の考えているものとは異なる。』


    〇〇屋さんが生き残れなり理由

 自分は、〇〇屋さんですからと言い続けることは、このことに

 陥りやすいことになります。

 私は八百屋さんですと言い続けても、お客さんが期待してる

 ことは、単に新鮮な野菜を求めているとは限りません


 その食材は命を維持するものから、健康を維持するものに

 変わってきています。野菜を買いにくるのではなく、生活を

 快適にするものを求めているのかもしれません。

 何を提供すればよいのかを知る方法は一つしかありません

 お客さんに聞くことです。事業を決めるのは、市場だからです。

 事業にするには、ただお客さんのいうことを実現すればよい

 という訳でもありません。

 お客さんの潜在ニーズを掘り起こす必要があります。

 「こういうものが欲しかったんです。」と言わせるような

1位作りの商品戦略

   

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略