2017年02月28日

現在の成功は、過去の失敗の上に成り立つ

◆以前ある会で、政府の施策と金融市場の関係を時系列で

 解説してもらったことがあります。

 〇〇総理のころこんな施策を打って、経済が厳しくな

 った、その後次の政権がこのような対策を
打ったなど

 です。内容はあまり記憶に留めていませんが、一つ感じ

 たことがあります。

    現在の成功は、過去の失敗の上に成り立つ

 それは現政権が行っている対策は、過去の政権が行った

 失敗に基づいて打たれた対策
であるということです。

 そう考えると、現政権のおかげですべて上手く行っている

 という表現は少々違和感があります。

 過去の歴史の上に立って、今があるだけだと思います。

 今調子が良いというのは、過去の上手く行かなかったこと

 を踏まえて、過去に打った手立てが効いてきた
からです。

 将来の成果は、今作られているということになります。

 会社に置き換えると今ある業績は、過去の影、まぼろし

 だと思った方がよいということですね。

 皆さんは、明日のために今日一日何をされますか?

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2017年02月27日

昔は、失敗してはいけない。と思っていた

◆この歳になって、子供を眺めていると当時のことを思い

 出します。生まれた時点で運命が決まっていて、金持ちは

 金持ちのまま、商売人の息子は商売人になって儲ける。

 私はサラリーマンだったので、どこに就職しようかと考え

 ていました。

 そしてその道を外れないように、失敗しないように気を付

 けて
頑張ってきたような気がします。

   昔は、失敗してはいけない。と思っていた

 そして出来ればその枠の中で、成功できることを願って

 いました。

 ところがこういう考え方は、あまりにも狭い考え方で、

 自分を小さく小さくしてしまうことに気づきました。

 今考えると失敗していないヤツなんて、信用できんわな。

 成功しなきゃいけないなんて考えているなんて馬鹿げて

 いるわな。と全く逆の考えになってしまっています。

 失敗しないということは、行動を慎重にしてしまい

 結局自分の行動を制限することになります。

 成功しなければならないというのも、同じです。失敗した

 経験のない人に、艱難を乗り切る力はつかないし成長も

 ない。
そして結果的に向上心を養うことはできません

 どうも世の中が失敗するのはバカだという風潮になって

 しまっているような気がします。

 オバマ大統領は、就任演説で『チェンジ』と言ったそう

 ですが、今の日本人に必要なのは『チャレンジ』ではない

 でしょうか?

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2017年02月25日

自己資本比率で危ない会社を見分ける法

◆上場企業でなければ、それほど株の保有率を気にすることは

 ないと思いますが、オーナー一族は50%を超える株を保有

 したいと思うものです。

 何があるかは、人間ですので解りませんから。

 株は、50%以上持ちたいと切に思っているのに資金となる

 と自己資本の比率を、50%以上にしたいと切に願っている人

 は、少ないようです。

 半分以上が他人資本、だったら誰の会社か解らないという

 ことになります。

    自己資本比率で危ない会社を見分ける

 自己資本比率が低くなってしまう原因は、利益を残さない、

 もしくは残せないかのどちらかです。

 残さないというのは、税金に取られたくないという理由で、

 利益が残らず自己資本を蓄積しなくなっています。

 利益を違った形で、残す方法が昔は土地の購入だったのです。

 こうして自己資本の比率が代々低いまま推移していきます。

 最低でも15%、それ以下になると貸付側も厳しい目になら

 ざると得ません。当然金利も高くしようとします。

 一桁に突入したら、非常事態宣言をださざると得ません。

 こういった会社が景気の波にのまれると、倒産への道を歩

 んで行ってしまうのです。

 自己資本比率が高ければ、それだけ安全性は高くなります。

 かといって、高ければよいというものではありません。

 資金の配分が下手な訳です。その比率とは40%〜65%の

 間で推移
させることです。
 
    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月24日

小規模1位主義・部分1位主義     [Vol 241]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  小規模1位主義・部分1位主義     [Vol 241]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/02/24━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.目的は強いもの作り1位作りに

  2.強い会社と差別化する

  3.弱者は経営のやり方に革新を加える        

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.小規模1位主義・部分1位主義
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回のメルマガで、弱者の経営戦略の14項目をお伝えしました。

 その中で、3つ抜粋して解説をしたいと思います。

 最初は、『小規模1位主義・部分1位主義』です。この逆は総花主義

 といって強者の戦略
になります。

 あれもこれも手掛ける方法です。負けず嫌いとかプライドの高い人

 が陥ってしまうことが多いですね。

 限られた経営資源でなにがしかを成し遂げるには、一つに集中する

 ことが不可欠です。

 上場企業であっても、業績のよい会社は特化したものを持っています。

 例えばトヨタは自動車に経営資源を投入しています。とは言え強者

 ですので、住宅業界にも参入していますがやはり自動車事業があって

 のことです。

 元々経営資源の乏しい会社が、あれもこれもやったら戦力の分散

 なってしまいます。

 例えば、勉強が苦手な人がこれから挽回しようしたときに全科目

 一度に対象に少しずつ勉強したら結果が中々出ません。

 苦手な上に、結果が出ないとますます勉強が嫌いになり結局

 あれもこれも出来ないままになってしまいます。

 ところが、最も得意なものに能力時間を集中して点数が上がり、

 人並み以上になったら、勉強への意欲はどんどん上がり、次の

 教科へ自らチャレンジすることになります。

 能力が低い人は、そのエネルギーを集中し勝ち癖を付けることです。

 経営では、小規模一位主義、部分一位主義になります。


-★★------------------------------------------------------★★---

  3月22日のみも参加可能です

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.強い会社と差別化する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私は中学の時、軟式テニス部に入っていました。当時運動部は必須

 クラブでした。運動音痴の私は、出来るだけ厳しくないクラブに

 エントリーして見事くじ引きで入部することが出来ました。

 当時運動能力の高い子は、野球部、サッカー部に入部します。

 50m10秒をやっと切れるぐらいですから、そんなクラブに

 入っても役に立ちません。

 ところがです。中学3年生の県予選の個人戦で優勝してしまった

 のです。

 もし野球部やサッカー部に入るような子が軟式テニス部に入って

 きていたら、こんなことは起こりえなかったと思います。

 競争が激しくないクラブだったわけです。

 でも県大会に出場したのは、運動能力が低いと思われいた私という

 事実は変わりません。

 その後運動が苦手だと敬遠していた私ですが、上の学校へ進んで

 一番厳しいと言われていた軟式テニス部に入部しました。

 こういうのを『勝ちやすきに勝つ』といいます。

 企業間競争では、これを差別化することで実現することが出来ます。

 差別化とは他社と違うことをすることですので、競争を避けられます。

 常に他社と違うことを考える。そうです。これが未来工業の山田

 相談役から教えてもらったことです


 どこで差別化するればよいのかは、細分化して見つけます。

 この時に戦略実力が必要になります。色々な事例を普段から意識

 してみることが最も効果的です。

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年1期生 途中入塾可能(補講あり)

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.弱者は経営のやり方に革新を加える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 革新というのは、今までにないことを行うことです。

 と言っても、世の中を変えるほどの発明をするということでは

 ありません。

 自社が決めた市場で革新をすればよいのです。

 例えば別の地域で成功した同業の事例を、自社の営業地域でそれを

 始めるのはその一つです。

 ただし、隣町でやっているようなことをすれば、直ぐに同じような

 ことを他でもやりはじめます。

 こういうのは、流行の先取りですので革新とは言えません。

 遠いところから持ってくる必要があります。海外からというのは

 よくあることです。

 ただし、この方法は、インターネットの普及でかなり難しくなって

 きました。直ぐに真似されてしまうからです。

 もう一つの方法は、他の業界で行っていることを自分の業界に

 取り入れる
ことです。

 そのためには、成功の要因の本質を掴むことが欠かせません。

 ですので何度も、成功しているところへ行って教えてもらう必要が

 出てきます。

 このような理由から、近くにその事例がある方が有利です。

 このように戦略知識を身に付け、次にこの知識に基づいて思考を

 繰り返しことが戦略実力を高める方法です。

   メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は3月10日予定です。 ◆

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2017年02月23日

伊那食品工業塚越会長著『年輪経営』を解読する会

◆昨日のランチェスタービジネスセミナー終了後、30分だけ

 伊那食品工業塚越会長著『年輪経営』の読み合わせ会をしま

 した。戦略面から成功した経営者の書籍を解読するという

 ことは、戦略実力を高める訓練としてはとても有効な手立て

 だと思います。

 塚越会長と直接お会いしてお聞きしたことなどを交えて、解説

 を入れ読み合わせをした
のですが、参加者の方はどうだったん

 でしょうか?

     伊那食品工業塚越会長著『年輪経営』を解読する会

 セミナー終了後ですので、30分程度しか時間を取ることは

 できませんでしたが、読み合わせ後テーマを決めてディスカッ

 ションを行うともっと効果的
になると思います。

 この方法は、社内教育にも使うことが出来ます。

 次回3月22日も行う予定ですが、効果が認められるようで

 あれば、本格的にカリキュラムを作ってリリースしたいと

 思います。候補としましては、

  未来工業の山田相談役著『楽して儲ける』

 それ以外にランチェスターで事例の掛かれているものを中心に

 考えております。戦略実力を高める訓練方法を伝えられれば

 と思いますが、もしかしたら自分の商売を苦しめているのでは

 ないかとも思います。(笑)

 3月22日16時から時間の許す方は、ご参加ください。

 書籍年輪経営をご持参いただければ、無料でどなたでも参加できます。

     

 四日市商工会議所 3F 研修室にて行います。

 ただし、会場は20名までしか入れません。m(__)m

 事前にホームページからお問い合わせください。

  ランチェスター経営三重へ問い合わせは、ここをクリック

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月22日

売上を目標にするとエネルギーが分散する

◆行動というのは、集中したときに力を発揮できます。このブログ

 を書くときも、テーマが決まっていないと昔勉強したことを思い

 出したり、体験したことを思い出したりします。
 
 ときには、ネットで調べたりします。ネットで調べようとする

 といろいろなことが目に入り、必ず脱線
してしまいます。

 このように何を書くかが決まっていない時は、ブログを書く

 だけで1時間近く
過ぎてしまっていることもあります。

    売上を目標にするとエネルギーが分散する

 これは集中していない状態です。これでは成果は上がりません。

 このような状態に陥るのは、とにかくブログを書かなければなら

 ないと考えった時です。伝えたいことがあり、書くときということ

 と全く違います。

 これに似た状況を作ってしまうのが、売上を目標に掲げることです。

 とにかく売上を上げればよいと考えると、売上に繋がりそうなことは

 あたり構わず手を付ける
ことになります。

 こうすると力は分散して、効果的な行動に結び付きにくくなります。

 売上は、あくまで行動の効果性を図る尺度と考えるべきです。

 皆さんは、どう考えられますか?

     早わかりランチェスターの法

       早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月21日

経営戦略を立てるには、自己分析から始める

◆戦略社長塾の第1講では、中小企業の社長が苦手とする

 決算書の数字を使って、現状分析を行います。

 皆さんが思うように複雑ではありません。5つ程度の

 指標を使って今の自分が他社と比べて業績がよいのか。

 悪いのかを確認
するだけです。

 業績が悪い状態の目標と良い状態の目標は違ってきます。

 おのずとその対策も違ってきますから、戦略に大きく

 影響をしてきます。

   経営戦略を立てるには、自己分析から始める

 経営戦略を考えるに当たり、ここはどうしても外せない


 ところなのです。

 分析が嫌な理由の一つは、会計用語が良く解らないことが

 あると思います。二つ目は現状を受け入れたくないという

 経営者らしからぬ感情
です。

 学校の試験はなんのためにするのでしょうか?

 順位を付けるためではありません。まして頭の良さを評価

 するものでもありません。

 自分がどのレベルが現在どこなのか。苦手な点はどこなのか

 これを見つけるためにです。

 そして見つけたら優先順位を付けて、その対策を打つことです。

 点数にこだわると、本質を見失ってしまいます

 自分を認識し、自分を受け入れることです。こういうのをアド

 ラー心理学では自己受容というそうです。

 自社の今ある状況を客観的に受け入れることから始めないと


 何も始まりません。

 もし今やっていることが正しければ、黒字企業の業界平均を

 上回っているはずです。

 現状を素直に受け入れることから始めてみませんか?

     早わかりランチェスターの法

       早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月20日

約束を守るのが仕事の大原則

◆昨日会員さん向けのレポートを書いていました。今月で

 158号になります。

 文章を書いて深く思ったことがあります。

 それは、各人がやるべきことをやれば、まだまだいい

 会社に
なるということです。

 やるべきこととは、結果ではなく行動のことです。

    約束を守るのが仕事の大原則

 自分自身の言ったことは、責任を持ってこなすと自覚

 すれば発言も変わってきます。

 会議をしていても、ただこの時間が過ぎないかなぁ〜

 なんて考えている暇はありません。

 自分が実行するとしたら、どのようにするかを常に考える

 必要があるからです。

 そして自分が発言するときに、約束出来ることを発言する

 筈です。

 これが仕事の大原則だと私は思います。言ってもやらない

 のなら、その会議の時間は無駄な時間
です。

 宣言したことが達成できるのなら、出来ると思えれば達成

 出来ることになります。そんな組織強いと思いませんか?

 この大本は、自分の言ったこと、約束したことはきっちり

 守る
ということです。この約束には、自分への約束も含みます。

 言葉を換えれば、やると言ったら、やるということです。

 まず、この思考の習慣を身に付けましょう。

    早わかりランチェスターの法

       早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月18日

日本でいちばん大切にしたい会社にする法

◆日本でいちばん大切にしたい会社という書籍があります。

 私は読んだことがありませんが、伊那食品や未来工業が

 そういう会社に当たるようです。

 このような素晴らしい会社にするには、どうすればよいか。

 どの手順でやればよいか。これを理解してもらうのはとても

 困難です。

     日本でいちばん大切にしたい会社にする法

 まず第一がそうなりたいと思うことです。

 しかしながら、最初からこれを出来る人は業績を上げた経営者

 の中でも20人に一人
だそうです。(竹田陽一調べ)

 伊那食品の塚越会長も、未来工業の山田相談役も最初からこれを

 目指した訳ではなさそうです。(岩崎調べ)

 お二人とも、相当勉強しています。もちろん実業もありますので

 勉強をしながら、経営もしています。

 塚越会長の場合は、病床にいた数年間にその基礎が出来たようです。

 そして勉強したことを実践して、経営システムを確立して社内改革

 に乗り出したようです。

 未来工業は、給料が安いと言って辞めて独立したという話を聞いた

 ことがあります。管理職の給与明細を見て、その人は自分の将来を

 憂いたそうです。今では銀行の給与より高いと山田相談役は豪語して

 いました。

 相談役自身、長時間労働で営業しまくりでした。

 こういうった本当のことを見ずに、表面的なところだけ見ていては

 何も成しえることはできません。

 経営は、実業ですので『実』を取るようにすべきだと私は思います。

    早わかりランチェスターの法

       早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月17日

市場拡大時の成功の仕方、市場縮小時の成功の仕方

◆市場が拡大しているときと市場が縮小しているときでは、

 経営戦略の効果は、全く違います。

 市場が拡大しているときは、少々失敗しても勢いつまり

 モティベーションでなんとか乗り切ることが出来ます

 戦略などなくても、頑張ればそこそこ業績は上がります。

 ただし、戦略がないと市場の成長より上がり方が低く

 なります。

    市場拡大時の成功の仕方、市場縮小時の成功の仕方

 ところが、市場が縮小しているときは、戦略の高さが

 大きな差に
繋がります。

 市場が小さくなっていると相対的に競争が激しくなり、

 そちらにエネルギーが奪われ
てしまいます。

 如何に競争に巻き込まれないかを考え出すには、高い戦略

 実力が必要です。

 したがって、市場が成長している時の成功体験は、市場が

 縮小している時の経営にはほとんど役に立ちません


 バブル時代の生活習慣と、現在の生活習慣を変えずに上手く

 いくとは私は考えられません。

 経営戦略実力を高めて、経営システムを現在の市場に合う

 ようにしていきましょう。

   早わかりランチェスターの法

       早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月16日

自分独自の考えを持つには、繰り返し学ぶ

◆理念というのは、『理性によって得られる最高の概念』や

 『事物の永遠の原型としての超感覚的な真実在』のことを

 いうそうですね。

 自分独自の『〇〇とは、こういうものだ』ということを

 表すことと私は解釈しています。もちろんこれが真実で

 なければなりません。適当なことを言っていては、理念と

 は言えません。

 理念を導いだすには、守破離に従い訓練を重ねる必要が

 あります。

    自分独自の考えを持つには、繰り返し学ぶ

 まず、先駆者の知恵に学び自分でもその技術を使えるように

 なる。次にその技術を応用して、先駆者とは違うことを考え出す。

 最後に、新たな技術を創り出します。

 その大本は、やはり徹底的に同じことを繰り返すことだと私は

 信じます。

 これが中々面倒なことでありますし、やったことがある人が

 とても少ないのも影響して、同じことを繰り返し深く学ぶこと

 をバカにする
風潮があります。

 あいつは、頭が悪い、バカだなどと

 世の中で成功した人は、同じことを繰り返し深く思考し、身に

 付けてく作業をどこかの時期に
行っています。

 千代の富士は、弟子の千代大海に体調が悪くても稽古をさせて

 そうです。

 もう限界というところに来て初めて、自分が今まで使ってい

 なかった能力が湧き出てくる
ということを知っていたから、

 苦しいときほど、稽古をさせると聞いたことがあります。

 潜在能力を引き出すには、理にかなっていると思います。

 この上のない上、無上意であることが、潜在能力を引き出す

 ことに繋がるわけです。どれだけ能力を引き出したかがその人の

 人生の価値だと私は思います。

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月15日

経営計画書は作ることより、使い方により効果が変わる

◆アドラー心理学の勉強をしていますが、心理学の中だけでなく

 勉強になります。

 自分が何を持っているかより、それをどう使うかを意識しな

 さいというのがアドラー先生の教えだそうです。

 今週の土曜日から経営戦略を策定する研修会をします。

 ランチェスター戦略を学んで、自社の戦略を書式にまとめよう

 というものです。

    経営計画書は作ることより、使い方により効果が変わる

 このセミナー月1回丸一日缶詰になって、社長の役目を果た

 そうというものです。5回つまり5カ月間で完成させます。

 アドラー先生の教えをこれに応用すると、作っても持つこと

 より、それをどう使うかに注力
しなければなりません。

 仮に、経営計画書としますと、それを毎朝唱和するというのは

 如何でしょうか?私は経営理念を唱和するより効果的だと

 思います。

 自社の目標と行動計画を毎朝少しずつでも、繰り返し聞く

 ことは自らの行動の確認になります。

 冊子の読み合わせをされるところがあるようですが、業績をまず

 高めたいと思うのなら、この方法がよいと思います。

 人は、自分の行動を明確に描くことが出来れば行動に繋がります

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月14日

赤ちゃんの成長に見る学びのルール

◆学びの効果を高める方法を知るには、子供の成長を振り

 返ってみるとよいと思います。

 それも赤ちゃんが言葉を覚えるときのことです。

 最初は、その言葉も解らず聞いていますが、親が繰り返し

 話しかけていくとその言葉の意味を理解してきます。

 日本人で日本に生まれたから日本語が話せるわけでは

 なくて、日本語の話せる親に日本で育ったから話せるのです

     赤ちゃんの成長に見る学びのルール

 言葉には、ルールがあります。ルールがなければ相手と話す

 ことが出来ません。(当たり前の話ですが)

 このルールに基づいて、繰り返し実行する仕組みがあります。

 これが親の話しかけであったり、兄弟は友達との会話です。

 こうして、あまり苦労もせずにいつの間にか話が出来るように

 なっているのです。

 会社に入ってきた新人は、赤ちゃんです。同じようにルールは

 こうです。このルールを繰り返し行う仕組みはこうですとはっ

 きり示さなければなりません。

 にも関わらず、この2つを作らずに「そんなもの自分で考えろ

 と言ってしまっています。

 そのような会社の本音を聞くと、「そこまでやっておれない」

 という答えが返ってきます。

 でもよく考えてください。人材不足と嘆いているより、人が育つ

 環境を作る方がその会社の将来のためになると私は思います。

 ルールを話せる先輩がいて、ルールを実践できる仕組みがあれば、

 人は育つと思いますが、皆さんは、どのように考えられますか?

 経営の仕組みづくりを学びたい方は、お越しください。

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月13日

成長しようとする社員、成長させようとする会社

◆ドラッカー先生曰く、自ら成長しようとしない社員をどうにか

 しようとするほど会社は、お人よしであってはいけない。

 ようなことを書籍で著わされていましたが、中小企業の場合は

 そういう訳にはいかないようです。

 特に現在の日本のように労働意欲を削ぐ状況では、そう感じます。

 できれば企業より社会資本でなんとかして欲しいと思いますが、

 残念ながら、成長意欲が減退してしまっているようです。

   成長しようとする社員、成長させようとする会社

 先週ビートたけしの冠番組で、ホームレスの問題をテーマにして

 いました。ビートたけしが、今の日本は贅沢だからゴミ箱に手を

 突っ込んだら美味しいものがあるなんて発言をしていました。

 それぐらい日本の社会は豊かで生命維持をするには十分な社会

 になっています。

 環境が整った分、生きようとする力は減退しています。

 個人の場合は、それでも良いかもしれませんが、企業の場合は

 常に新しいことにチャレンジして、革新
を加えていかなければ

 生き残れないのが現実です。

 このギャップを埋めるには、まず成長しようとする社員に育てる

 覚悟を持つことから始めなければなりません。

 成長しようとする社員になってもらうには、単なる生活の保障

 ではなく、人生の豊かさまで保証しなければなりませんので、

 大変なことです。

 こんな仕組みが出来たら、入ってきた人が自ら成長しようとする

 ようになり、こうして育った社員は、部下にそれを伝えようとします。

 こんな組織が作れたら、すごいと思いませんか?ワクワクしませんか?

 経営戦略を学ぶのは、その第一歩だと自負しています。

 なぜかと言いますと、利益性の悪い仕事をしているところはそこまで

 余裕がないからです。

 まずは効果性の高い経営ステムを作ることが先決です。

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月11日

実力のある経営者は、最上策を打つ

◆井原西鶴というのは、エロ小説家とずっと思っていました。

 日本で最初のコンサルタントと竹田先生から聞いたときは、

 目が丸くなりました。(笑)

 井原西鶴が著した『日本永代蔵』には、商売で成功した

 事例が集められている
そうです。

 少し前に、大同生命の源流となった広岡浅子をモデルに

 した朝ドラ『あさが来た』で、白岡あさが『日本永代蔵』を

 読んでいるシーンがありました。

 そのころの商売人が勉強する教材だったんだぁ〜と思って

 このドラマを観ていた記憶がありす。

     実力のある経営者は、最上策を打つ

 その『日本永代蔵』にどのような対策を良しとするのかが

 書いてあるそうです。

 最も社長の実力が低い下策からご紹介します。

  下策  誰でもできることを下手にやる

  中策  人のしていないことを普通にやる

  上策  誰でもできることをうまくやる


 業界の常識に従って競争するのは、この策です。

 そしてその上
 
  最上策 人のしていないことに頭を使う

 この最上策が出来てようやく社長の実力が高いと言えます。

 例えば事業を継承した直ぐは先代が作った仕組みの中で

 まず運営をしていくと思います。これは他人が考えたことです

 ので、自分でなくても出来るということになります。

 本当に事業を引継いたというのは、先代の経営資源を元にして

 最上策を成就させてること
ではないでしょうか?

 最高峰である最上策を打てる経営者に成れるよう学んでいきましょう。

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月10日

窮地に立たされたときの知恵が弱者の戦略   [Vol 240]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  窮地に立たされたときの知恵が弱者の戦略   [Vol 240]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/02/10━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.窮地に立たされたときの知恵が弱者の戦略

  2.会社は、1000社中995社が劣勢

  3.経営の役に立たないランチェスターの法則       

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.窮地に立たされたときの対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 俺は大丈夫。ツイているから。運があるから。

 本当にそうでしょうか?

 社長はそれで良いかもしれません。かもしれません。けど付いて

 いく社員は大迷惑です。

 社長の運に、自分の人生掛けるんですか?って言いたくなります。

 ツキや運を否定するわけではありません。それも必要です。

 それであっても、より安全に会社を継承させていくのが社長の

 役割
ではないでしょうか?

 ランチェスター戦略を、戦争を題材にしたことだから嫌いだと

 言われる人がたまにいます。

 個人的な好き嫌いをとやかく言う訳ではありませんが、もし

 少しでも成長する、安定する可能性があるのであれば社長の

 ランチェスター戦略に限ったことではなく、仕事として真摯に学ぶ

 べきではないでしょうか?
(ちょっと愚痴っぽいですが)

 松下幸之助候もおっしゃられている素直な心が必要だと思います。

 弱者の戦略というのは、自分が劣勢な立場に立たされたときの

 戦う知恵です。

 どんなに優秀な人でも、窮地に立たされ不利な状況というのは

 あり得ます。
こういう状況から逆転するにはどうすればよいか。

 これを知っているか。どうかがその後に大きく影響します。

 さらに、窮地に陥らないということも言えます。

-★★------------------------------------------------------★★---

 ランチェスター戦略を実践に活かして業績を高めたい方へ

 jissen2017.gif

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.会社は、1000社中995社が劣勢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 独立して間もない会社は勿論のこと会社は1000中995社が

 劣勢です。これは、認めたくないかもしれませんが事実なのです。

 認められない人の多くが次のように考えてしまっています。

 劣勢=ダメ、劣勢=消極的、劣勢=敗北。

 劣勢というのは不利な状態ではありますが、その会社自体を否定

 するものではありません。
状況を分析しただけなのです。

 まずありのままの自分を受け入れることです。

 それにしても995社が劣勢とは多いと思いませんか?

 企業間競争では、1位の会社だけが優勢と判断されます。

 1位になればよいのではなく、市場の26.1%以上を抑え

 2位との差を10:6以上にする必要があります。

 日本の自動車業界では、トヨタは優勢ですがそれ以外の会社は

 劣勢です。

 最近三重県では、地銀の合併が噂れています。合併してもなお資金

 調達力では上には上がいます。

 我々からみれば、地銀さんと言っても凄い資金力を持っていますが、

 金融業界の中では劣勢なんです。

 では、劣勢な状態ではどのような考え方をすればよいのでしょうか?

 孫子の兵法の『戦わずして勝つ』『勝ちやすきに勝つ』です。

 これを達成するには、差別化です。人と違うことをすれば戦わなく

 て済みます。


 差別化というのは、劣勢つまり弱者の戦略のコンセプトになります。

 参考までに、孫子の兵法はその時代背景から体当たり戦が主となっ

 ています。体当たり戦は、弱者の戦い方ですので孫子の兵法は、

 弱者の戦略であり強者の戦略ではありません。

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年1期生募集

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.経営の役に立たないランチェスターの法則
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 弱者という言葉を理解して頂いた上で、これを経営に応用すると

 どうなるかです。これが大切です。

 ランチェスターの法則は、特定2者間の戦いの法則ですのでこの

 ままだと経営には何も役に立ちません。

 弱者の経営戦略とは次のようなものです。

  1.目的は強いもの作り1位作りに

  2.強い会社を攻撃しない 

  3.強い会社と差別化する 

  4.小規模1位主義・部分1位主義 

  5. 目的の発見は細分化で 

  6. 1位を目指す重点目標を決める 

  7. 目標の範囲は狭くする 

  8. 1位になれるだけの戦術力を投入 

  9. 弱者は最終利用者に直販を考える 

  10. 弱者は経営のやり方に革新を加える 

  11. 弱者は軽装備に徹して動きを早くする 

  12. 弱者の社長は仕事時間を長くする 

  13. 大事な情報は強い会社に流さない 

  14. 弱者は調子に乗るな、小さな成功で生活内容を変えるな


 これを一つ一つ理解し繰り返いし思考していくことが戦略実力

 を高めるトレーニングになります。

 トレーニングして実力を高めたい方は、2月22日、3月22日

 のセミナーにご参加ください。

-★★------------------------------------------------------★★---

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則

---★★------------------------------------------------------★★-


   メルマガ無料


    ◆ 次回の配信予定は2月24日予定です。 ◆

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2017年02月09日

反対すると賢く見えるが、賢くはならない

◆私もある悪い癖なのですが、相手の意見に同調すると負けを

 認めたみたいな感覚に陥ることがあります。

 さすがに、この歳になってそういうことはなくなってきまし

 たが、人との関係を上下で見ている間はこれに陥ってしま

 います。

 相手の意見を理解しよとせず、反論をかぶせてくるという

 のは負けを認めたくない子供の喧嘩のようです。

    反対すると賢く見えるが、賢くはならない

 この習慣がついてしまうと、自分の意見が正しいと相手に

 言わせるまで戦い続け
ようとます。

 この状況では、互いがよくなることはありません。

 こういう人に対して取れる手段は、その戦いに巻き込まれ

 ないようにするだけだからです。つまりその人と表面的に

 しか付き合わない
ということです。

 周りからすべて付き合ってもらえなくなるとその人は

 次の新しい人へと出会いを求めます。

 ここでも最初の内はいいですが、少し慣れてくると戦いを

 挑むようになります。結局周りから協力者がいなくなり

 周りを否定
しだします。

 この状況から脱するには、まず人を上下で見ないことです。

 そして、ありのままの自分を受け入れることです。

 人間関係は勝ち負けではないのです。

 自分に欠けている点を他人に補ってもらうと考えれば、

 自分も得ることがたくさん
あります。

 何かにつけて反対意見を述べて、勝つことを目的に人間関係

 を捉えていると一瞬は賢そうにみえますが、自分自身が

 賢く成長することはありません。

 人との関係は戦いではないことを肝に銘じたいと思います。

 それが年上であろうと年下であろうと、上司であろうと部下で

 あろうと・・・

    2017年第1期(2月10日)スタートです。
       ↓ ↓ ↓ 

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2017年02月08日

優れた将軍の元にはヒーローは生まれない

◆どんな時代でも男はヒーローが大好きです。私の時代でいうと

 ウルトラマン、ウルトラセブン、仮面ライダーなどがそれです。

 それ以前も、怪傑ハリマオとか少年ジェットなど

 最後に、必殺技を出してすっきり勝つというストーリーです。

 そう言えば水戸黄門もそうです。
 
 私の息子の時代は、戦隊ものだったようです。

 これはテレビの世界の話で、現実の戦争やビジネスの世界で

 こんなことは起こりません


    優れた将軍の元にはヒーローは生まれない

 本当に戦いのうまい将軍は、兵士に最も負荷を掛けない方法

 で、その戦いを制し
ていくものです。物語にはなりにくいのです。

 全力で体当たりして、120%の力を出せば勝てると言っている

将軍も元で働きたいと思いますか?

 確かに命を顧みず、戦いが好きな人はそれが生きがいかもしれ

 ません。出来ることなら戦場に出るまでに決着がついて欲しい

 と思うものではないでしょうか?

 優秀な将軍は、自身の部下を危険にさらすことはしません。

 戦わずして勝つが一番、どうしても戦わなければ勝ちやすきに

 勝つ
を選択します。

 会社に置き換えると、未来工業山田相談役著『楽しても儲ける』

 になります。

 普通の人が、適度の頑張ることでびっくりするような業績を上げ

 させる
のが優れた社長です。

 ですから、優れた社長の元には、スーパーセールスマンは必要

 ありません。武勇伝も生まれません。

 その方法を学ぶのが、戦略社長塾です。

    2017年第1期(2月10日)スタートです。
       ↓ ↓ ↓ 

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月07日

売上目標、利益目標がなくても業績はよくなる

かんてんぱぱの伊那食品工業も未来工業も、営業マンに

 売上目標などのノルマがありません


 未来工業の場合、山田相談役の書籍やテレビ番組でそう

 言っています。私も直接聞かせて頂きました。

 伊那食品工業の場合は、会社の売上目標は利益目標は

 ないと言っていましたので、目標を持つことはできません。

 数年前の講演では、目標を掲げたようでしたが会場自身

 覚えていない様子でした。

     売上目標、利益目標がなくても業績はよくなる

 2つの会社ともとても業績がよくいい会社です。日本で一番

 大切にしたい会社だそうですから・・・

 数値目標を掲げている会社でも、業績をよい会社もあります。

 その違いはなんでしょうか?

 それは経営システムが出来ているか出来てないかの違いです。

 塚越会長と面談させていただいたとき、うちの会社は経常利益

 が10%出るようになっている。だから目標なんて必要ない


 とおっしゃっていました。

 未来工業の山田相談役も同じでした。

 そしてこの売上目標がないことが、社員にとってもとてもよい

 会社と言われて理由だと思います。

 それだけレベルの高い会社だということになります。

 利益は上がるけど社員は疲弊しているというのは如何なもの

 でしょうか?


 売上目標、利益目標つまり結果目標を掲げることがなんと意味の

 ないことだと私は思います。

 皆さんは、どのように考えられますか?

    2017年第1期(2月10日)スタートです。
       ↓ ↓ ↓ 

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年02月06日

あなたの許しなしに、あなたを傷つけることはできない

◆子供のころの私は、すべて周りのせいにしていました。成人

 してもその考えは、長年変わることはありませんでした。

 〇〇がいるから、XXさえなければ、自分は△△だからなど、

 すべて自分は悪くないが成果が出ていないのは、自分の責任

 ではないという超マイナス思考
です。

 それを解決してくれる言葉が次の言葉です。

    あなたの許しなしに、あなたを傷つけることはできない

 『あなたの許しなしに、あなたを傷つけることはできない

 いろいろな問題や課題は生きている以上降りかかってきます。

 ところが同じ状況に置かれても自分がどう受け止めるかで

 その後の行動が変わってきます。

 貧乏だから、みなしごだから・・・こういう自分がいると考え

 る人もいますが、ココ壱番屋の宗次徳次氏のように、だから人

 に貢献できるように頑張る人
もいます。

 周りがどうあれ自分自身がどう受け止めるか。つまり自分の

 責任なのです。

 ならば、よい受け止め方を身に付けるしかありません。

 身に付けるには、教育と訓練です。

 積極的になる知識を得て、それを実践していくことで身に付

 きます。

 身につけば、その後の将来が大きく変わることになります。

    2017年第1期(2月10日)スタートです。
       ↓ ↓ ↓ 

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法