2016年12月30日

来年はどんな年に○○○?なんて聞くなよ!

◆今年のブログは、今日が最後になります。年明けは4日から

 と今決めました。

 ところでこの時期よく聞く言葉に、今年はどんな年でした?

 という質問があります。

 これより、次のように聞かれた方が、ドキッとします。

  『今年は、どんな年にしましたか?』


 この方が、能動的です。まあここまでは許せるとして次の

 ような質問には、耳を貸さないことです。

   来年はどんな年に○○○?なんて聞くなよ!

   『来年はどんな年になるんでしょうか?』

 おいおい他人事か?こんなのを街頭インタビューして、

 世間は将来を不安に感じているなどと言っても、

 時間(=命)の無駄だと私は思います。

 どうせ質問するなら

    『来年はどんな年にしたいですか?』

 と聞いて欲しいものです。

 私自身こんな偉そうなことを言うような人間ではありませ

 んでした。

 どんな年にしますか?って世の中そんな風に自分で何とか

 出来ることなんかないと
決めつけていたからです。
 
 変わってきたきっかけは、自分ではできないと思っていた

 ことが出来たことです
。次に他人には出来ないと思える

 こと、そして自分にしか出来ないということを出来た

 という自信が持てたことです。

 そして『○○したい』と答えるより『私は、○○になる』と言

 えるようにしたいものですね。

 皆さんは、来年2018年末にどんな自分になっておきたいですか?

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2016年12月29日

「やらねばならない」を「〜する」「〜したい」に代える

◆私のお客さんは、企業です。それも中小企業の社長・経営者

 ですので、年末年始の休みに入ると会いづらくなります。

 会いづらいというのは、こちらの勝手な先入観で確かめた

 訳ではありませんが、私自身日ごろ溜まっている仕事を

 片づけるいい機会なのであえて予定を埋めないようにして

 います。

 その間やりたいと思うことを書き出したら19項目

 この一覧を眺めて、思わずため息

    「やらねばならない」を「〜する」「〜したい」に代える

  「こんなに、やらんなあかん

 この言葉、良くない言葉です。この時点で私は義務感に

 捉われて、嫌ぁ〜なプレッシャーが沸々と湧いてくるのです。

 ありがたいことに、一人会社ですので決めるのは私です。

 やらんも、やらんも私が決められます。

 「やんねばならない」という言葉は、勇気を奮い立たせる

 にはよい言葉です。

 しかし使い方を間違えると先ほどの私のように嫌なプレッ

 シャーになり、仕事自体が嫌なものになってしまいます。

 そして上司のせい、会社のせいと他人に責任転嫁してしま

 うのです。特にサラリーマン時代はそうでした。

 この言葉を、「これだけのこと(19項目)をやるぞ」に

 代え、さらに「これだけのことが出来ればうれしい

 そして「これだけのことをしたい」となれば自分の仕事と

 なります。

 自分のために時間を過ごせるのは、幸せの始まりです。

 皆さんも一度自分の言葉をチェックしては如何でしょうか?

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2016年12月28日

WinーWinが築けると思えるまで人間関係を築け

◆Win Winを成功させるには、相手の協力が必要です。

 相手がWin Loss(またはLoss Win)の考

 え方をしている間は、
Win Winの働きかけが功を奏

 することはありません。

 こちらが相手のためになることを提案しても、自虐的にな

 ったり勝ち負けで判断してしまうからです。

 そのためには、相手との関係を良好にしておかなければ

 なりません。

    Win Winが築けると思えるまで人間関係を築け

 次に、そのレベルを上げてきますが、そのレベルとは

 この人のために何かをしてあげられると思えるまで、相手の

 ことを理解できるレベルです。

 これには、相当時間も掛かります。何度か会う必要もあります。

 こんな人とは付き合えないと思うこともあるかもしれませんが、

 しばらく間を置いてでも理解できると信じ続けることです。

 理解出来たら、Win Winを一緒に探します。

 途中で、諦めそうになることもあるかもしれませんが、

 Win Winは必ず存在すると信じて続けることです。

 信じるというのは、相手への期待であり、自分の能力への

 期待でもあります。

 一旦取引をしないという選択肢も頭の隅においておく、気楽に

 挑戦できます。

 このWin Winが実現できれば、相手は自主的に動いて

 くれます。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セールスで成功する秘訣

2016年12月27日

Win−Winを思いつくまで相手を理解する

◆私は以前システムエンジニアという仕事をしていました。

 それに加えて営業的側面もあり、いわば製造と営業を兼

 ねてお客さんと話す状態です。

 まずはお客さんの要望を聞きます。この時は製造のことは

 一切考えないで、お客さんの要望を聞き理解に努めます


 こちらはお客さんの業務は全く知らないわけですから、

 解らない言葉や理解できない内容が出てきたら、すかさず

 質問
を投げかけます。そうしないと話はどんどん進み

 こちらは承知したことになってしまうからです。

    Win−Winを思いつくまで相手を理解する

 お客さんの要望が理解できた時点で、値段の交渉の事前

 準備に入ります。

 それは、特に手間がかかりそうなところや通常のシステム

 と違うところを聞き直す
ことです。

 この作業は何をしているかいいますと、製造工程に入った

 ときにどのように製造工程を減らすかを考えているのです。

 こちらの工程が減らせるということは、お客さんの負担する

 費用にも影響します。

 お客さんの要望を満たして、しかも製造工程を減らせないか。

 頭を巡らせます。この作業はお客さんの要望以上のことを

 生み出すこともありました。


 ところがこの過程を抜かすと、お客さんの要望を満たすために

 とんでもなく高い費用になってしまう事態になります。

 ひどいエンジニアになると、お客さんの言った言葉を克明に

 メモし、この要望を満たせば文句はないですよね
。と

 サインまでもらってくる人もいます。

 こんな状態で、Win−Winすなわち、相手も良し、こち

 らも良しという状況を作れる訳がありません


 私が打ち合わせに臨むにあたって心に強く誓ったのは、この

 Win−Winは必ず存在すると信じることでした。

 これはシステム開発だけでなく、多くの場面で言えることです。

 相手の要望を満たし、さらに自分自身も利益を得ることを

 生み出すと決意しては如何でしょうか?

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セールスで成功する秘訣

2016年12月26日

決算とは、自分自身への事業継承である

◆私のようなサービス業では、決算の時に棚卸も、未成工事の

 計上もありませんので、決算期の伝票を少し上げるだけで

 終わってしまいます。

 税金の申告をするために、やっているような感があります。

 実際に決算書が出来るのは、決算月の2ヵ月後です。

 よく考えたら、決算の時の棚卸は資産計上されるものだけ


 で、資産として見えないものの棚卸はしていません。

    決算とは、自分自身への事業継承である

 どんなものがあるかといいますと、現在のお客さんです。

 そして将来お客さんとなり得る見込み客です。

 この中には、過去に取引があったところも一部含まれます。

 そして将来のお客さんを作って行く、営業システムとリピ

 ートする顧客維持システム
です。

 そしてそれを動かす組織です。これらを棚卸することが

 できます。

 こうして棚卸したものを、来期以降に継承すべきものは

 継承しカットしていくものはカットしていく。

 これらの資産を使って、営業システムの構築、顧客維持

 システムの強化、新商品の開発、新しい組織づくりを


 えていくと今までの決算とは違う経営に役立つ決算にな

 ってきます。

 いわば、決算は来期以降に繋いでいくための棚卸である

 できだと思います。もっと今のタイミングの決算書で

 これをしようとすることには無理がありますが。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月24日

忠臣蔵の成功要因は、深く考え鮮明に描くことにあった

◆古舘伊知郎のトーキングヒストリーを改めてユーチューブで

 見直しました〜。テーマは忠臣蔵です。

 殿中で、刀を抜いた殿様、しかも相手を打ち取るどころか

 失敗して切腹。そのためお家取りつぶし。

 もしこの時、吉良を打ち取っていたら、赤穂浪士の討ち入り

 はなかった
のです。

 赤穂浪士の本音とは、

 『どうせ取りつぶしになるなら、仕留めておいて欲しかった

    忠臣蔵の成功要因は、深く考え鮮明に描くことにあった

 殿中で刀を抜いて、何も出来なかった武士の風上にも置けない

 殿様。この情けない殿様の名誉を命がけで回復しなければなら

 ないくなったのです。

 ですので、赤穂浪士は、どうしても吉良上野介を討たなければ

 ならない
という理由があったわけです。

 そうは言っても浪士も人間、自分生活もあります。2年以上の

 時間の経過はそんな浪士の使命感も失わさせていきます。

 300名いたものも脱落者が出て、お金も尽きてきました

 もうぎりぎりのところで、選抜された四十七士が討ち入りに

 至ったのです。

 これを率いる大石内蔵助の心中は如何だったのでしょうか?

     『絶対に失敗は許されない

 そのために用意周到。情報を集めさせ吉良邸の見取り図は

 しっかり頭に入れ、作戦計画書を念入りに作成

 それを四十七士に叩き込む。

 浪士側がぎりぎりのところで、この一点しかないという日時に

 に集中
させました。

 浪士には戦いやすい武器を与え、死者出すことなく作戦を

 成功させたのです。

 大石内蔵助は、『反実仮想力』が優れていたそうです。

 この能力は、もし何々だったらという想定通り行かなかった

 ときにどうするかを考え出す能力です。

 討ち入り成功の要因に、大石内蔵助の鮮明に描くまで深く

 考える能力
があったと思われます。

 そしてどうしても成功しなければならないという強い想い

 が根源としてあったのです。

 経営者には、大石内蔵助のような強い想いと深く鮮明に考

 える能力
を身に付けて欲しいと思います。

 そのスタートは、1月20日の竹田陽一セミナーです。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月23日

あなたの会社は業界の平均より上?それとも下? [Vol 237]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  あなたの会社は業界の平均より上?それとも下? [Vol 237]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/12/23━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.あなたの会社は業界の平均より上?それとも下?

  2.平均以下だと経営システムのどこかが間違っている

  3.業界平均以上の会社の課題              

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.あなたの会社は業界の平均より上?それとも下?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 経営者が集まる会に参加しますと、社長になったばかりの人、社長

 になる前の人、事業を継承した人、事業を立ち上げた人とほとんどの

 人の状況は違います。

 恐らくこれは従業員の環境の違いの比ではないと思います。

 このように状況の違う人であったも、扱いはほぼ同じです。私のよう

 な独立起業して一人でやっていても法人格を持っていれば同じように

 扱ってもらえるんです。

 しかし実態は全然違います。資産も違えば従業員数も雲泥の差。

 同業で、同じようにセミナーを受けていても中身は解らないままです。

 こんな状態が続くと業界でビリにいても、業界会合に参加すれば

 平均か。平均以上だと勘違い
してしまいます。

 悪くても平均より少し下ぐらいと思ってしまうものです。

 経営計画を立てるにあたっては、自社がどの位置にあるのかをしっかり

 と認識する必要があります。

 最初にチェックしなければならないのが、一人当たりの年間粗利益額

 です。これが業界以下だったら厳しい状況であると考えてください。

 その理由は家計に置き換えれば解ります。

 一人当りで考えれば、人件費やその他の経費は最低限掛かってくるもの

 があります。差がないと考えると入ってくるお金(粗利益額)が平均

 より高いとそれだけお金を自由に使う
ことが出来ます。

 平均以上あると楽に運営出来ることには間違えありません。

 一人当り粗利益額が平均以上になって初めてまともな経営が出来ます。

 それまでは、利益性を確保することを念頭に置いて経営計画を立てな

 ければならないのです。

-★★------------------------------------------------------★★---

   竹田陽一によるランチェスー式・経営計画の立て方セミナー


---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.平均以下だと経営システムのどこかが間違っている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一人当り年間粗利益額が業界平均以下だったら、自社経営システム

 のどこかが間違っている
と考えることです。

 経営計画は、ここからスタートしなければすべて絵に描いた餅にな

 ってしまいます。

 業界平均以上だったら、次のステージに進みます。平均以上だからと

 言ってそこに留まっている訳には行きません

 なぜなら、競争相手はどんどん追いかけてきますし、市場は常に変化

 しているからです。

 経営システムを見直すことについては解って頂いたと思いますが、

 どうやって見直していくかですが、これがそう簡単ではありません。

 これも社長の実力によって変わってきます。必要なのは自分の戦略

 実力を知る
ことです。

 原理原則が解っていないと経営計画は、立てることは出来ません。

 最近竹田先生が『経営の基本原則理解度』をチェックする問題集を

 作られました。こういうのでチェックするのもよい方法だと思いま

 す。戦略社長塾に参加されても実力ははっきりします。

 何れにせよ、原則を理解している人と知らない人では達成までの

 速度も手順も違います。
呑み込みが早い人とはコツを知っている

 人のことを言います。

 コツとは、原則そのものです。

 まずは、経営の原則、戦いの原則を理解することです。

 そして原則との違いを空の心で比較してみてください。

 例えば、利益が出ていないのに間接販売している。

  利益が出ていないのに業界と同じことをしている。

  利益が出ていないのに、大手と戦おうとしている。

  利益が出ていないのに、特徴のあるものを作ろうとしていない。


 皆さんの会社は大丈夫ですか?

-★★------------------------------------------------------★★---

 ランチェスター戦略を実践に活かして業績を高めたい方へ

 jissen2017.gif

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.業界平均以上の会社の課題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一人当りの年間粗利益額が業界平均をたまたまその年上回っていた

 としても、経営システムに不備はないということにはなりません。

 3年〜5年続けて初めて経営システムの善し悪しが解ります。

 そして次にチェックするのが一人当たりの年間純利益額です。

 節税対策を多くするところは勿論、純利益額が少なくなります。

 純利益額を多くするには、節税などしても仕方がないという社内の

 状況を作り上げなければなりません。

 社内の環境が完全に揃ってからでないと純利益は残りません

 私は14年目でようやく事務所を借りました。そして机と椅子を

 今まで人からもらってきたものでしたが、新品に買い替えました。

 これらの引っ越しや買い替えで、一昨年はほとんど利益が出ません

 でした。それに比べれば今年はそういったものも思いつかず多少

 利益は残りました。

 一人当り年間純利益額も同じく業界平均以上にする必要があります。

 この金額は3倍を目標にしてください。

 利益が出る体質から利益が残る体質にしていということです。

 黒字の中小企業は、30万から40万円ですのでこの3倍というと

 一人税引き後100万円を毎年貯蓄することになります。

 10年で1000万円の一人当り自己資本額か増える訳ですから、

 他社と差がついても不思議ではありません。

 こうして利益の蓄積が出来てもまだ課題はあります。将来のための

 投資です。
この説明については次回に回すとしまして、ここでお伝

 えしたいことは、毎月、毎年の支払いが出来たということは経営

 システムの善し悪しで考えると下の下ぐらいになるということです。

 世の中上には上がいます。

 そんな会社に負けないような立派な会社を作っていきましょう

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年1期生募集

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-


メルマガ無料



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆経営計画の立て方◆

2016年12月22日

業績を良くすること以外に時間を使うな

◆経営計画を立てたところで、業績が良くなるわけがない

 けど、無いよりはある方がまし。

 こんな程度で、社長が時間を使っているのなら止めた方

 がいい。業績が良くなるから、貴重な時間を使う意味が

 ある
と私は思いますが、皆さんは如何だと思われますか。

     業績を良くすること以外に時間を使うな

 経営の勉強でも同じです。

 勉強しても、実行はしない、業績を良くしようとしない


 のだったらやる意味がない。

 こんなことを言うと、私のような仕事はどんどん無くな

 っていくかもしれませんが、(笑)これが本音です。

 業績が良くなるには、生半可な勉強、実行では実現でき

 ません。考えて考えて、考えてその方法を経営者は見つ

 けるべきです。

 決してあきらめないことが、経営者には必要です。

 こういう経営者が増えれば、日本経済も良くなってきます。

 今日のブログは、少し過激ですが経営者の端くれとして

 自分自身にも喝を入れるために書きました。

 誤解のないように、業績を良くするとか数字だけを上げる

 ことではありません。お客さんが増えていることが必要です。

 もう一つ誤解のないように、1月20日のセミナーは勿論

 業績を高める経営計画書を作る方法を伝えるものです。(笑)

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月21日

習慣を変えるには、痛みを伴う

◆私は体が硬いので、ほとんど前屈が出来ません。最近筋力が

 衰えてきて、体が硬いことで危険なことが良くありました。

 そこで、ベターッと開脚という方法でストレッチをし始めま

 した。

 50年以上体が硬いと自分に言い聞かせてきましたので

 これをなんとかしようというのは苦痛が伴います。

   習慣を変えるには、痛みを伴う

 ストレッチというより、リハビリのようです。全然曲がりま

 せん。ストレッチと言えるまでに、随分かかりそうです。

 その間は、全く効果が表われません。人並みになるまで相当

 時間が掛かりそうです。

 今までの習慣、特に考え方の癖を変えるのにも、こういった

 苦痛が伴います。変わり始めるまでというのは、今まで自分が

 正しいと思っていたことを否定
しなければなりませんので、

 行きつ戻りつの繰り返しです。

 早起きをすることを考えてみてください。そう簡単に習慣に

 まではなりません。

 習慣を変えるには、痛みを伴うものです。そう思えば習慣化

 するまでの忍耐も理解できるかもしれません。 

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2016年12月20日

成功したければ、自分との約束を守ることから始める

◆成功という言葉を、地位、名誉、権力、財力など一般的に

 思われている成功と捉えるのを私はあまり好みません。

 その理由は、ゼロサムゲームになるからです。

 すべての人が、幸福になる方法を持っているはずです。

 ですので、成功とは『豊かな人生を贈ること』と 解釈

 しています。

   成功したければ、自分との約束を守ることから始める

 その第一歩が自分との約束を守ることです。自分がやると

 決めたら実行する習慣が身に付けば、決めたことはやれる

 という自信
に繋がります。

 自信がなくなるのは、他人と比較するからです。上を目指す

 には、他人との比較は有効な手段だと思いますが、その

 前に自信を付けることが先決です。

 自分自身が決めたことが出来ないという大きな理由は、

 自分自身のことであるがゆえに、安請け合いしていまう

 からです。自分との約束は自分の意志で変えることが

 できます。しかも誰にもとがめられません。

 ところがこれを続けると自分は出来ない駄目な人間だと

 刷り込んでいる
ようなものです。

 安易な約束をしないことです。どんなことがあっても、

 今日一日で達成することを自分との約束
に入れてみて

 ください。

 豊かな人生を手に入れることができます。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2016年12月19日

営業で断られても、すぐに立ち上がる法

◆営業は、成功するより失敗する方が多いということを

 知っていますか?

 普通に「うちの商品買ってください。」なんて知ら

 ない人に聞いていったら、1万人に三人ぐらいしか

 「興味があるから話を聞きたい」
と言いません。

 チラシの業界では、センミツとかマンミツという言葉

 があるそうですので、おそらくこんな確率です。

   営業で断られても、すぐに立ち上がる法

 つまり断られることが前提で営業をしなければならない

 ということです。

 一つ目は、『駄目でもとも』ということを知るです。

 では断られたらどうするか?

 断られトークを考えておくことです。断られトークとは

 自分自身にダメージを残さないセリフです。

 例えば、「ちょっと時期が合わなかったみたいですね」

 と買わなかった理由を、相手もの自分にも責任が及ば

 ないようにしておくことです。

 事実、断るのはお客さんのせいでも、自分のせいでも

 ありません。
ご縁がなかっただけです。これが二つ目。

 三つ目が、もしそれでも気持ちが落ち込んでいるよう

 なときに使う方法です。

 お客さんと別れてから、まず大きく深呼吸をします。

 そのあと、遠い将来を思い浮かべます。こんな小さな

 ことにめげていたら、自分が達成しようとしているもの

 は、手に入れることが出来ない。と心でつぶやき

 「よし!今から始まりだ!」と力強く言ってください。

 こういったものをアファーメーションと言います。

 アファーメーションの正しい作り方は、諸事情があり

 ブログで公開することができません。m(__)m

 以上3つを習慣にしてください。営業が辛いなんて思って

 いる時間がグンと少なくなります。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セールスで成功する秘訣

2016年12月17日

営業におけるの失敗の仕方を学ぶ

◆営業でいう『失敗の仕方』を学ぶとはどういうことでしょうか?

 その一つは、断られ方を知ることです。

 自分の商品・サービスを買わないとはっきり言われたら、もう

 一度お勧めするには、時間が掛かります


 断った方も、「やっぱり買う」とは言いづらいものです。

 その人以外から手に入れられるものであれば、必要なら他の人

 から購入するでしょう。

     営業における失敗の仕方を学ぶ

 同じ断られるにしても、お客さんのニーズにあった商品の利用

 の仕方とその効能
を伝えてから断られるとよい断られ方になり

 ます。

 さらに断られたとしても、その理由は明らかにして欲しいもの

 です。その理由の中でも、他社の方が価格が安いというだけの

 理由はいただけません。

 これでは同じ価格だったら、自分から買って貰たのかということは

 未だに解りません。

 どうせ断られるのなら

  1.お客さんの真のニーズは何かを掴む

  2.ニーズに合った商品説明をする

  3.価格以外での反省理由を納得のいく形で聞く


 これぐらいは、やっておきたいものです。そうすれば次の対策に

 活かせます。

 とはいえ、これを実現するのはハードルがとても高い。

 そのためにトレーニングを日夜行う必要があります。ここで有効

 なのが一人ロールプレイングです。シャドーボクシングのように

 頭の中でロールプレイングを行う方法です。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | セールスで成功する秘訣

2016年12月16日

正しい失敗の仕方を学ぶことから始める

◆私は20代中ごろに、初めてスキーを教えてもらいました。

 一番最初に教えてもらったことは、止まり方です。

 その止まり方も、コケて止まる方法です。

 初心者が足で踏ん張って止まろうとすると、けつまずいた

 ようになり、一つ間違えると大怪我に陥ります。

 そこで、安全に止まるため自らがおしりを落し、しりもちを

 付いて止まる方法
です。

    正しい失敗の仕方を学ぶことから始める

 次に教えてもらったのが、しりもちをついた状態から素早く

 立つ方法
です。倒れたまま長く寝そべっていると、次に滑り

 降りてくる人と接触して二次災害になるからです。

 素早く起き上がるとそれだけリスクが下がります。

 ところが、世間では成功することは事例で上げられ、成功の方法

 を学ぶ情報は氾濫しています。その中には、怪しいものが山ほど

 あります。それぐらい人は成功の方法を求めているということ

 だと思います。

 しくじったことを学び、こういうことはしてはいけないという

 戒めにすることもあります。安全であることを求め、失敗しな

 い方法になります。

 失敗したときにどのように立ち上がるかを学ぶものではありま

 せん。


 凡人は、失敗の方が多いわけですから、立ち上がり方をまず

 学ぶべきです。中小企業に入ってくる人は、凡人が多いわけ

 ですから、社長は失敗の仕方を教えていくことから始めなけれ

 なりません。

 失敗したときに如何にショックを受けないか。

 どうやって早く立ち直るかの2つがテーマ
になります。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2016年12月15日

社長を戒めるのは、自分自身しかいない

◆私は一人で会社をやっていますので、個人の能力が100%

 です。私のところより、多くの人数で事業を営んでいるところ

 がほとんどだと思います。

 複数の人で経営をしているところは、個々の能力以上に発揮

 して初めて組織で運営している意味があります。

 それには、みんなが協力し合って団体戦で戦うことが必要に

 なります。

 一人会社の私からすると、こんな風にチームプレーで対抗され

 たら打つ手はありません。

    社長を戒めるのは、自分自身しかいない

 ところがみんな協力し合ってと言っておきながら、その実態は

 社員を結果で比較し競争させている場面が見受けられます。

 社長は毎朝有難い訓示や人生について説いています。人のために

 尽くせとか、隣人を愛せなどという訳です。

 よく見ると朝礼会場の社長バックには、個人の成績をグラフ化した

 大きな表が張り出せれています。個人の目標を意識した時点で、

 社員はあいつより上にいなければ示しが付かないと思うわけです。

 そして自分さえ目標を達成してしまったら、それ以上のことは

 しなくなります


 ここでお伝えしたいのは、もう少し深い意味です。社長が言って

 いることと社長がやっていることが一致していないことがある


 ということです。例えばお客さんを大切にしろと言っておきな

 がら、あの客はあかん!と電話をガチャ!と切ってしまうなど

 やってしまいがちなことです。

 トップにいる人は、自分が言っていることとやっていることが

 本当に一致しているのかを素直な心でチェックする必要が

 あります。その大きな理由は、社内でトップに注意する人はい

 ない
からです。

 もし私のような第三者が注意をすると素直でない社長は、契約を

 解除してしまいます。(笑)

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月14日

中小企業の教育は、誰に照準を合わせるべきか

◆昨日お客さんのところへ行く途中の電車の中のことでした。

 私の前に学生風の男子と少し年上の女性が乗り合わせました。

 お姉さん?お母さん?想像が付きません。

 そんなことを想像しながら、向かいの席に座った二人の行動を

 しばらく観察していました。

 すると女性がおもむろにその男子の持っている教科書らしき

 ものを見て、「こんなのやる必要あるの?」とその問題を見て

 話し始めました。

    中小企業の教育は、誰に照準を合わせるべきか

 「時間の無駄と思うけど・・・」どうやらその女性にとって

 は、頑張ってやったところでそれほど力が付かないという

 意味で言われたのだと思います。

 その男子にとってそれが的確なアドバイスだったのかはわかり

 ませんが、その時気づいたことがあります。

 もしこの言葉が一般的にその問題を解く必要がないという意味

 で口走ったとしたら、その子にとってよいアドバイスだった

 とは言い切れません


 私が中学生のころ、問題を多く解くことで自信をつけ難しい

 問題も解こうという意欲が湧いてきた記憶があります。

 何事にも自信がなかった私にとっては、訓練することが最重要

 課題だったのです。

 平均点以下の人は、ほとんどがこういう人です。会社に置き

 換えて変えれば、平均点を取れる人は半分

 半分以下は私のように自信のない人です。少なくとも団体戦で

 企業間競争を勝ち抜いていくときは、平均点以下の人に照準を

 合わせて教育をしていく
方が効果的です。

 平均点以上の自信のある人は、自ら成長していくからです。

 ここでの平均点以上というのは、自信を持って動ける人

 ことです。

 男子と女性の関係が気になる方のために・・・

 途中で女性は、下車していきましたのでどうやら先生と生徒

 のような関係のようでした。休みに入るので最後だということ

 が漏れ聞こえてきましたので。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月13日

結果にコミットさせても部下は成長しない

◆結果にコミットという宣伝があります。コミットするか

 どうかは別として結果のみを追求すると真の成功者には

 なれません。

 なぜならば成功者は実際に起こった現象だけをチャンスと

 見るのではなくまだ見ぬものもチャンスと考えるからです。

 現実に表れていることだけを対象にしていたら、チャンスと

 いうのは、グンと狭くなってきます。

   結果にコミットさせても部下は成長しない

 例えば、社員の現在の能力だけを評価していたら、ベテラン

 社員だけになってしまいます。

 高齢化していく会社に皆さんは将来の成功を見ることができ

 るでしょうか?

 未だ発揮できていない能力を伸ばせば、自動的に会社の業績も

 良くなってきます。冷静に考えれば当たり前のことですが、

 いざ目の前でドジを繰り返されるとその人の将来を描くことは

 できません


 その気持ち良く解ります。とは言え、その人を今すぐ新しい

 人に置き換えるほど中小企業に余裕はありません。

 その人に期待を寄せようが、寄せよまいが今すぐの結果は

 変わらないかもしれません。でも将来を期待した方がほんの

 数パーセントでも確率が上がるのであれば、そちらを選択


 した方が良いのではないでしょうか?

 ほんの少しリーダーが気持ちを切り替えるだけなのですから。

 この選択が出来るのが優秀なリーダーだと私は思います。

 難しいですが、チャレンジしていきたいと思います。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2016年12月12日

経営で迷ったら、経営戦略の原則で考え直す

◆昨日午前中の予約がキャンセルになり、アポイントもあり

 ませんでしたので、お客さんの将来計画について考える

 時間を取りました。

 私が頭を悩ましていたのは、ホームページを立ち上げる

 かどうか
です。

    経営で迷ったら、経営戦略の原則で考え直す

 しばらく考えていましたが、どうも判断に苦しみます。

 地元密着で行ってきたのにホームページを立ち上げるとエリア

 が広がってしまう。
ホームページを公開することで、手の内

 を競争相手にも公開
してしまう。

 今までのお客さんは、ホームページなしでも増えてきていま

 すから、同じ客層ではない。

 こんなことを考えて結論が出ないので、原点に戻ってこの

 会社の強みをもう一度整理してみました。

 そしてさらにこの会社が良くなるにはどうすればよいか戦略

 原則に基づき書き出し
ました。

 その上で、ホームページをいつ、どのように使えばよいのか。

 結論が出ました。

 これで社長との打ち合わせに望めます。(^_-)-☆

 迷ったり、しっくりこなかったら経営戦略の原則に照らし

 合わせて考えてみるものですね。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月10日

自転車操業から脱出する法

◆自転車を安全に乗るには、前に進む推進力が必要です。これは

 自らがペダルを漕ぐことで発生します。

 このペダルを漕ぐことだけに意識が行くとバランスが取れず

 横転したりハンドルがぶれたり怖くて前に進む速度を上げられ

 ません。

 そこで勇気をもって、顔を上げ進む方向をしっかり見ることが

 出来るようになるとどういう訳だか安定して進み始めます。

    自転車操業から脱出する法
 
 後ろを子供が追いかけてくる場合は、確かについてきているか。

 コケるようなことをしていないかを見定る必要もあります。

 そちらばかり気にしていると、今度は行く先を誤ったり横から

 車が飛び出してきたりすることがあります。

 前と後ろを気にしなければならないし、自らもペダルを踏む

 ことをしなければなりません。まさに自転車操業です。

 この状態から脱するには、まず子供が一人で自転車を安全に乗

 れるようにトレーニングします。運転を任せられるまで教育

 訓練
を施します。

 それと並行して、どこに向かっていくかを教えます。そして

 そこに到達する道順をお互いが理解します。

 近道をする方法あるかもしれません。ところがそこには危険な

 大きな犬がいる。また自動車が行き来するなどを避ける。

 これらを決めておかないと迷子になり、帰って時間が掛かったり

 問題が起こったりします。

 こういう手順で行けば、安心して目標地点に到着することが

 できます。経営においてこれを実現する設計図が経営計画なの

 です。具現化する方法を記したのが経営計画書なのです。

 もちろん、自転車でどこかに行くこととは比べものにならない

 ほど難しいことです。

 それは、お客さんと競争相手の意思が働くからです。これを

 克服するには勉強するしかないですね。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2016年12月08日

経営の目的は拡大することではありません

◆経営の良し悪しを売上高だけで、評価するとその結末は

 売上規模になってしまいます。

 経営者によっては、経営規模の大きさを糧にして手広く

 やっていることを自慢する人がいますが、経営の目的は

 ここにはありません


 逆に規模の拡大を追いかけないことを成長してはいけな

 いと捉えてしまう人もいますが、これも違います


    経営の目的は拡大することではありません

 経営の本質は市場創造、顧客創造にあるわけですから

 新しい市場を作り出すことをやろうとしていないところ

 は、経営しているとはいえないのです。

 世の中の景気に乗って、業績が良くなったことと、自ら

 が新しい市場を創って業績が良くなったこととは全く

 違います。

 このことは決算書では表現されません。同じ利益であって

 も意味が全く違います。

 決算書の数字はコックピットのメーターのようなものです。

 今燃料は満タンであることは解りますが、飛行の仕方や

 行き先によって今の燃料がよいのかは機長が判断しなければ

 なりません。

 決して売り上げなどの規模だけを見て経営に取り組まない

 ことです。その中身を見て、運転の仕方を考えてください。

 安全に飛行(経営)したいなら。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

経営計画なき社長に誰も付いて行かない [Vol 236]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  経営計画なき社長に誰も付いて行かない [Vol 236]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/12/09━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.経営計画なき社長に誰も付いて行かない

  2.経営計画作りは、決算書の分析からスタートするな

  3.経営計画に理念もビジョンも必要ない        

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.経営計画なき社長に誰も付いて行かない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 経営と戦争とは勿論違います。戦争となると命が掛かっています

 ので、戦いを挑むことは自らも兵力を失うことになります。

 豊臣秀吉が100戦して100勝したと言われしますが、本当に

 100回も戦ったら、国が滅びてしまいます

 100回どころが3回すれば滅びると思います。

 経営の場合は、将軍が死ぬわけではありませんので何度も戦いが

 行われます。その戦いも自分の意志とは別のところで起こっている

 から厄介です。

 例えば、町の本屋さんは同じ町の本屋さんが競争相手と思っていたら

 近くにショッピングセンターができたことで、お客さんがその

 店と比較して競争つまり戦いが勃発
します。

 さらにインターネットの普及で戦いは激化してきました。

 お客さんの選択肢が増えれる度に戦いが増えるということ

 になります。

 戦争とはその戦い方が異なりますが、どのように競争で勝つか

 という点では同じです。

 もし皆さんのところが戦争になり戦いに借り出されたら、こうして

 やれば勝てるというシナリオがある将軍と作戦は出たとこ勝負で

 兎に角頑張れ
と威勢のいいことばかりを言っている将軍では

 どちらを選びますか?私は勿論前者です。

 どうすれば業績が良くなるかという作戦計画書もなく経営している

 会社に優秀な人が育つとは思えません


 船に例えれば羅針盤なしに外海に出るようなものです。

-★★------------------------------------------------------★★---

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画書の作り方セミナー


---★★------------------------------------------------------★★-



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.経営計画作りは決算書の分析からスタートするな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私が経営計画なるものを作ったのは、前の会社に勤めていた時です。

 この時は、何も解らず本屋さんに行って中期経営計画の立て方に

 関する本を4、5冊購入してきて読みあさりました。

 一番気になったのが、1人当たりいくらの売上を上げるのが妥当か

 という点です。

 ソフトウェア会社でしたので、ほぼ人件費です。売上=粗利益と

 考えても良いわけです。当時お付き合いのあった大手コンサル会社

 に聞いてもその答えは返ってきませんでした。

 とりあえず人件費は払えていたのですが、将来社員の給与を上げて

 行かなければなりません


 そんなこともあり、妥当な稼ぎ高というのを知りたかったのです。

 こんなことから始めた経営計画書づくりでしたので、決算書の分析

 はとても興味がありました。

 書籍には、経営分析の仕方が沢山の種類が載っていました。

 ところが、計算は出来るのですが自社の値がよいのか悪いのか

 さっぱり解りません


 自己資本比率は、自己資本額を総資産で割れば出てきます。

 高い方がよいと書いてあるだけで、自分の業界ではどうなのか

 が解りません。

 固定比率などは、計算式が書いてあるだけで計算したものの

 一体なんだったんろうという感じです。

-★★------------------------------------------------------★★---

 ランチェスター戦略を実践に活かして業績を高めたい方へ

 jissen2017.gif

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.経営計画に理念もビジョンも必要ない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そして次に行うのは、分析した結果に基づいて計画を立てるの

 ですが、先程お伝えした作戦計画書は立てることが出来ません

 でした。そして売上の目標を予測してそれで終わりでした。

 次に行ったのは独立してすぐです。

 独立してどういう方向に進んでいったらよいのかを見極める

 ために経営計画に挑みました。

 まずはSWOT分析です。と言っても自社の強みとか弱みとか

 脅威とか機会と言ってもさっぱり解りません


 仕方がないので、経営理念を考えたのですがこれも浮かびません。

 現在経営理念はありますが、黒字決算を5回ほど続けてから考えた

 ものです。次に行動指針も考えることにしました。

 実績がない状況で、経営理念とか指針とか言われても本心から

 出てきたものではありません


 将来のビジョンも同じです。何も成功していない状況で将来の

 ことを描くことが出来る人もいないと思います。

 私は今まで高い業績を上げた人と少なからず会う機会があり

 ましたが、最初からビジョンを描いていた人はいませんでした。

 したがって、理念を書けないから、ビジョンを描けないからと

 言って途中で諦める必要はありません。(笑)

 まずは実績を上げる計画を立てることから始めればよいのです。

 それが難しいのですが、その手順は次回のメルマガでお伝えし

 ます。

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年1期生募集

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-


メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は12月23日予定です。 ◆


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆経営計画の立て方◆