2021年12月05日

財務戦略CD版解説【経営の基本原則と経営の全体像】

◆財務戦略の第1回目です。基本的なことが中心ですが

 財務の場合は、貸借対照表(B/S)を理解すること

 が基本です。

 中小企業の社長は、ここがとても弱いようです。

 そのくせ、借り入れには、妙に敏感で銀行さんとの交渉術

 などはとても知りたがるテーマです。

 その借入金も含めて、B/Sが理解できると財務に対して

 やっていることの間違い
に気づきます。

 ここを逃げずに正しく理解することは、他社に一歩でも

 二歩でも差をつけることになります。

 まずは基本的な内容から勉強ください。

 <<次回12月12日11時〜>>
        『財務における強者と弱者の区分 第1回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから※試聴できます>>>
              ↓ ↓ ↓
   IMG_4231.JPG     

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務戦略

2021年12月04日

名刺を作るのは私。使うのは誰か?を考えてみた

◆セミナー講師をしているとピカッとひらめくことが

 よくあります。このことは、竹田先生のあなたも名講師

 の中にも出てきています
ので、ご存じの方もみえると

 思います。

 今週の水曜日今年最後のビジネスセミナーが開催され

 参加者全員に、経営戦略実行計画書を発表していただき

 ました。一人一人の発表の後、コメントを差し上げるの

 ですが、発表を聞いている時にピカッときます。

 その時は、ホームページを立ち上げるという言葉に反応

 してしまいました。ホームページは誰が使うんだろう?

    名刺を作るのは私。使うのは誰か?を考えてみた

  ★動画deプログ解説はここから★


 この問いに対して、私が出した答えは、検索する人でした。

 そうなんです。閲覧する人が使うのであって、デザインが

 よくとか、見やすいなどというのは二の次で、知りたい

 答えに到達しやすいか
が問題なのです。

 自社が活動の対象とする顧客は、どんな悩みがありどうやって

 検索するのでしょうか?

 これを知るには、自社の商品サービスが満たす価値をそのまま

 検索エンジンで検索してみるのも一つの方法です。

 検索ボックスに入力すると、文字の候補が出てきます。

 例えば、トイレと入力するとその候補に、

  『トイレ リフォーム』

  『トイレ 水が止まらない』

  『トイレ つまり 解消』などが出てきます。

 これらは、閲覧者がよく入れるキーワードです。調べたい

 知りたいことです。これらの候補のうち自社が解決できる

 ことを、解りやすく伝える
と閲覧者は、便利ははずです。

 こんなことを考えた翌日、戦略社長塾では名刺の作り方

 を勉強しました。私はこれも同じだと思ったのです。

 名刺を作るのはこちらですが、使うのはお客さんです。

 どうやって使うかを想像してみて、その人が便利になる

 ように名刺をデザインした方が効果は上がるはずです。

 見た目がいいデザインと考え方が違うと思います。

 おのずとデザインも違うはずです。

 これを発展させて、お客さんの目に触れるものを見直す

 ことが、顧客維持対策の第一歩
です。

 それ以外も思いついたのですが、こちらはユーチューブ

 チャンネルでお伝えします。 

  20220114Banar.jpg

<<ライブde解説は12月5日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年11月28日

組織戦略CD版解説【賃金制度や処遇などの決め方 第2回】

◆今回は組織戦略の最終回です。賃金制度や処遇などの決め方の

 以下の点について解説しました。

  ・実力主義や成果主義の賃金制度
  ・複雑な賃金制度のマイナス面
  ・販売手当の出し方
  ・勤務年数別の賃金制度
  ・従業員持株制度は役に立たない

 賃金制度は、従業員にとっても社長にとっても関心のある事柄

 です。しかし関心の要点は全く違います。

 従業員にとっては、生活するための収入、社長にとっては、支出

 になるわけです。

 払う以上は、これだけのことをして欲しい。逆に貰えるのだったら

 できるだけ多く欲しい。お互いの気持ちは分かりますが、双方とも

 曖昧のままでは、合意形成には至りません。

 払う側は、やってほしいことを明確にし、貰う側は給与の原資が

 どのように生まれ、これだけが適正化を知らなければなりません。


 その上で、成果と賃金の連動を考えるのならまだしも、単にやる気

 を喚起するために、成果主義は失敗します。

 特に経営資源の乏しい中小企業では、上手くいった例を聞いたことが

 ありません。解説では、そのあたりも触れています。

 皆さんは、どのように考えられるでしょうか?  

 <<次回12月5日11時〜>>
        『経営の基本原則と経営の全体像 第1回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
              ↓ ↓ ↓
   1位づくりの組織戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織戦略

2021年11月27日

目からウロコ、利益なんていうものは存在しない?

◆ドラッカー先生の書籍『すでに起こった未来』を勉強し

 始めました。オーディオブックを聞いていて、なんじゃ

 これとい言葉に出会いました。

 早速、書籍方を読み返して、確かにそうだわなぁと思い

 直しました。

 その文章とは、次のようなものです。

  利益に関する最も基本的な事実は、「そのようなもの

  は存在しない」
ということだからである。存在するのは

  コストだけなのである。

 そしてこれが企業の本来とるべき行動を妨げ、一般の理解を

 妨げているというのです。

    目からウロコ、利益なんていうものは存在しない?

  ★動画deプログ解説はここから★


 事業の目的を利益に置いている人からすれば受け入れ難い

 ことだだと思います。

 利益の役割をよくよく考えてみると、そのことが理解でき

 ます。その役割とは、1、資金コスト 2、保険コスト

 3、雇用のためのコスト
です。

 資金コストとは、経営資源を保つためのコストです。

 人、土地、資金を保つためには、コストがかかります。それは

 材料を仕入れたり、賃金を支払ったりする資金とは別に発生

 します。社会的資本を使うためのコストが掛かってきます。

 保険コストとは、経済活動に付随するリスクや不確実性に対する

 保険のコスト
です。社会が自社にとって順風満帆に未来永劫続く

 ことはありません。

 経営活動とは、現在の資源を未来にゆだねることである。と

 ドラッカー先生は言っています。現在の資源には、利益が

 大きく関与することは間違いありません。

 そして3つ目が、雇用です。新しい人を採用しなければ

 組織は存在できません
。入ったばかりの人が、直ぐに組織に

 貢献できることはありません。

 これらは、常に起こりえます。常に起こることを借入で

 カバーすることはできないのです。

 現在の活動から得られた利益で賄うのが最も健全です。

 利益は、事業を続けるための未来コストになる訳です。

 したがって、利益目標は、未来のリスクをカバーするために

 どれだけ必要か
であり、利益の最大化を目的にすることは

 誤りであることが解ります。

 皆さんは、この言葉納得できますか?私も完全に納得できた

 訳ではありません。一緒に考えていきたいと思っています。

  20220114Banar.jpg

<<ライブde解説は11月28日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年11月21日

組織戦略CD版解説【賃金制度や処遇などの決め方 第1回】

◆お金の力ので、従業員を働かせて業績を上げようというのが

 成果主義だと私は考えています。

 これを中小企業が実行しようとするとわずかばかりのお金を

 出すだけになります。社長にとっては、都合のいい話です。

 戦略実力をあげずに、お金も掛けずに業績が上がる訳ですから。

 給与、賞与の類は、衛生要因ですので満足度を上げることは

 できません。つまりは、モティベーションにもつながらないの

 です。ましてはわずかばかり報奨金が付くからといって

 組織に貢献しようとはなりません。

 とは言え、賃金制度や処遇は従業員にとって重要な問題

 です。では中小企業では、どうすればよいのでしょうか。
 
 今回の次回の2回に渡って、中小企業の賃金制度、処遇

 について解説したいと思います。

 <<次回11月28日11時〜>>
        『賃金制度など処遇の決め方 第2回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
              ↓ ↓ ↓
   1位づくりの組織戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織戦略

2021年11月20日

弱者は軽装備に徹するを改めて考える

◆先日三重県でランチェスター戦略社長塾の塾長をされて

 いる方と社長塾の進め方について話をしていました。

 テーマは、早わかりランチェスター法則第3章弱者の経営

 戦略です。

 その11番目の項目

  『弱者は軽装備に徹して動きを早くする』

 について説明をしていたときです。疑問に思ったことが

 あります。

 テキストには、次のように書かれています。

 『資金が固定化する経営を避けて、本当に必要なところ

  もしくはお客を作るときに欠かせない大事なところに

  資金を集中的に配分すべき


 資金が固定化するとは、テキストには、自社ビルを建てる

 とか高級車を購入すると書いてありますが、実際の経営現場

 ではどのようなことになるのだろうか?という疑問です。

    blog20211120.jpg

  ★動画deプログ解説はここから★


 資金が固定化するとは、経理上固定資産が増えるということです。

 固定資産には、土地、建物、自動車、機械装置などがあります。

 これらは決算時によく購入
されます。

 車の営業をしていたので、決算セールなんていうことをよく

 聞きました。車の場合、減価償却を定率で償却出来ます。

 利益が上がったときは、60%償却し節税できます。

 利益が薄いと、償却率を低くすることができます。

 こういう固定資産があると節税にはとても便利です。

 銀行さんは、お金を貸すのが仕事ですので危険でなければ

 貸してくれます。せっかく借りたお金であっても、固定

 資産(資金が固定化)になるとキャッシュフローは厳しく


 なります。このように周りの環境は、資金を固定化する

 ように進んでいきます。社長自身が良い車に乗り、社内の

 環境を新しくしていくと気分は良くなるし、社員や周り

 からの評判も良くなります。こうしてどんどん資金を固定化

 する方向に進んでしまいます。特に拡大思考の大きい方


 気をつけてください。

 組織においては、『直接粗利益を稼ぎ出す販売の仕事により

 多くの人を配分する
』ことが軽装備だとテキストにはあります。

 社内のことはよく見え、気になります。気をつけていないと

 間接部門の人間か多くなってきます。

 もう一つ組織であるのは、人が固定化することです。

 人が固定化とは、入ってからずっと同じ仕事をすることです。

 こういう人が増えてくると、組織が動きにくくなり重装備と同じ

 現象を起こしてしまいます。

 テキストは、たった8行しか書いてありませんが、よくよく考えて

 みると恐ろしいことです。

 この兆候を、決算書で確認するのは固定化率を見ればよいのです。

 自己資本額の2倍も3倍も固定資産があるのだったら、緊急事態

 宣言を発令する必要がありますね。

<<ライブde解説は11月21日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年11月14日

組織戦略CD版解説【従業員の採用の仕方 第2回】

◆業種によっては、応募すら来ないというところも

 あるかもしれません。しかし焦って、誰彼なしに

 採用すると中途採用の場合新卒よりリスクが大きく

 なります。

 その理由の一つが能力の発揮の仕方が変わってきて

 いるからです。過去どのような仕事をしてきたとしても

 新しい社会に対応していける素地がないと面倒な

 ことになります。

 こうならないためには、中小企業と言えども採用の基準を

 はっきりとしておく必要が
あります。

 採用の仕方について一緒に考えてみました。

 <<次回11月21日11時〜>>
        『賃金制度など処遇の決め方 第1回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
              ↓ ↓ ↓
   1位づくりの組織戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織戦略

2021年11月13日

中小企業だからこそ、仕事を人に依存させるな

◆これからの労働市場は、ますます中小企業にとって

 厳しいものになると思います。

 建築業界で、仕事はあれどもそれをこなす人がない

 人手不足倒産のような事態が起こりえると思います。

 労働市場からみて魅力のある仕事であれば、良いのですが

 やりたがらない、3Kだと思われている仕事の場合この

 傾向が大きくなります。

 中小企業にとっては、死活問題いや存続の問題になります。

 以前からお伝えしていますが、組織はお金と人がいなく

 なると存在することができなくなる
からです。

    中小企業だからこそ、仕事を人に依存させるな

  ★動画deプログ解説はここから★


 人が入る入らないの前に、中小企業で問題になるのが

 仕事が人に依存してしまっていること
です。

 その人でないとできないと思い込んでいることです。

 元々人が少ないため、あれもこれも兼任しています。それなに

 その仕事を引き継ぐとか、代替する人など贅沢だと。

 しかし簡単に片づけてしまっていて良いのでしょうか?

 これは今のことしか考えていない証拠です。つまり将来は

 どうあれ今が大切
。そのような考えで、事業が続くわけが

 ありません。自らがそうしているわけですから。

 では、どのように人に依存している仕事を、だれでもできる

 ようにすれば良いでしょうか?

 その方法がドラッカー先生のマネジメントに著されています。

 その手順とは、1・分析 2・総合 3・管理 4・道具

 の4つです。その仕事はどのような要素で成り立っているのか

 をまず分析します。それを効果性が高くなるように総合します。

 そしてその状況を保てるように管理するのです。

 これらを能率的にするために、道具を用意します。

 この考えの根底には、FWテーラーの科学的管理法があります。

 その人にしかできない仕事などないというものです。

 ただし、知識労働の場合は、若干これに修正を加えなければ

 なりません。それは目的を明らかにすることです。肉体労働では

 目的は明らかです。しかし知識労働は、目的はさまざまです。

 目的を明らかにすると、その時点で不要なこともありますし、

 手段として正しくないものも
あります。

 こうして知識労働の生産性が上がれば、職場環境がぐんと

 改善されます。なぜならば、利益性が高まり、労働時間が短縮

 されるからです。

 人に依存した場合、その人だけが忙しく力を発揮しなければ

 ならない
という3Kの職場特有の事情が出てきます。

 3Kと思われてしまっている仕事で、よい人を採用しよう

 とするならば、魅力ある仕事以上に魅力ある職場が必要である

 と私は思いますが、皆さんの業界は如何でしょうか?

<<ライブde解説は11月14日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年11月07日

組織戦略CD版解説【従業員の採用の仕方 第1回】

◆個人事業主として記念すべき第1回の配信となりました。

 テーマは、中小企業の大きな課題である従業員の採用の

 第1回目です。

 現在の労働市場を考えると、募集もないのに贅沢に人を

 選んでいる余裕などない。そんな事情の業界もあると

 思います。しかし採用は将来への投資です。

 安易に採用するとお互い不幸になります。そのような

 経験は何度もしているはずなのに、目先のことを優先して

 しまいます。それも解りますが、ぼつぼつ最後にしたい

 ものです。採用を増やすには、長い年月を掛けて対策を

 打っていかなければなりません。


 今回のテーマは、採用時の対策です。長期計画の対策は

 別の機会にお伝えしたいと思います。

 <<次回11月14日11時〜>>
        『従業員の採用の仕方 第2回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
              ↓ ↓ ↓
   1位づくりの組織戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織戦略

2021年11月06日

法人化する本当の意味

◆前回私がなぜ法人にしたのかをお伝えしました。邪道です。

 でも多くの人が意味も解らず法人化していることは間違い

 ない
と思います。私のように。

 法人化すると格好がいいです。名刺を出すときに、代表取締役

 なんて書いてあったら、それは凄そうに見えます。

 私の場合なんかひどいもので、当時取締役が複数いないと

 代表とは名乗れないので、私が一人で起業するとただの

 取締役です。

 そこで、辞めたばかりの会社の社長に役員になっていただき

 ました。お金は払えないので、何もしなくてもよいので名前を

 貸してください。と頼んだのです。

 そして代表取締役の名前を手に入れました。ばかげています。

   法人化する本当の意味

  ★動画deプログ解説はここから★


 最近知ったのですが、取締役となるとその会社に問題が起こった

 時に賠償責任が発生する場合があります。

 これを契約により制限を設けることもできるのですが、当時

 そんなことは何も知りませんでした。

 今は一人でも株式会社の場合、代表取締役と名乗れるので、

 こんなバカをする人はいないと思いますが、ようは肩書が

 欲しいだけなんです。社員もいないのに、代表取締役なんて

 つけて会社を大きく見せよう
としても意味はありません。

 では、なぜ法人化する必要があるのでしょうか?

 法人になると有利な点は何でしょうか?

 私は税務の専門家ではないので、そちらは専門家に任せる

 として経営戦略上どんな意味があるのかをお伝えしたいと

 思います。

 法人化すると資金調達と社員の補給が有利になります。

 私はこの度個人事業主になりましたが、銀行からの借入は

 かなり困難になったと思います。それ以外にも、ヤマトの宅配

 のクレジット決済で商品を販売することは無理だと思います。

 資金の調達力がグンと落ちたのです。

 まず法人化すると有利な点は、銀行などからの資金調達力が

 増える
ことです。

 二つ目は、人の採用です。労働市場側から考えると個人で

 社会保険も厚生年金も掛けていないところに就職などしたくは

 ありません。
少し世の中のことを調べる能力があればこれは

 解ります。そうすると個人事業主だとせいぜいアルバイト

 ぐらいしか雇い入れが難しことになります。

 気軽に勤めて、気軽に辞める。こんな感じでしょうか?

 経営戦略上、以上の二つが法人化すると有利になる点です。

 もう一つ考えなければならない点があります。他社との差です。

 そもそも資本金1円で立ち上げた会社に、資金調達力が

 どれだけ増すか疑問です。資金調達力が増えたと言っても

 資本金が少なければ、それほどの効果はありません。


 以前株式会社にするには、1000万円が最低でした。

 これを基準にすると、必須の数値である3倍。

 3000万円以上が必要です。ただしこれは資本金だけの

 話です。従業員数で割って1500万円以上あればかなり

 楽になりますが、起業の時点では難しい話です。

 次に、採用面ですが数人しかいない個人事業の家族経営に

 学歴の高い人は入りたがりません。


 おそらくプライドが許さないと思います。

 こういうことから、小さい会社が法人化するメリットは

 あまりありません。しかし事業を継承していくつもりなら

 法人化するのは必須
だと思います。

 法人化するということは、公の事業であると宣言すること

 です。法的な人格を持つということですから。

 したがって、それだけの責任が発生することになります。

 利益をしっかりあげ税金を納め、平均以上の待遇、職場環境を

 作り社会に貢献する責任です。

 こういう覚悟で、経営すれば必ず業績は良くなっていきます。

 皆さんは、どのように考えられたでしょうか?

<<ライブde解説は11月7日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略